豊橋アマゾン

新着情報


当店は日本国内有数の『卵生メダカ』に強いプロショップです。

卵生メダカの他にも、一般熱帯魚・小型甲殻類・水草と、
それらに関するエサや飼育器具などを取り扱っています。

このページではお勧め魚などの新着情報を紹介していきます。

トップページへ  メインページへ最新記事はこちらから)


 過去記事
 2012.1〜3月
 2011.10〜12月
 2011.7〜9月
 2011.4〜6月
 2011.1〜3月
 2010.9〜12月


 2012.6/20
 
『駆け抜ける嵐』

今回の台風4号は発生当初の進路予報から徐々にズレてきて、
(直撃は無いと思ってたのに)結局、愛知県直撃コースになってしまいました!

市内の川も避難判断水位を超えたため、対象地域に避難勧告が出てました。
しかし足の速い台風だったので、幸い然程の被害は無かったようです。

取り敢えず一安心。
ということで、新着情報どうぞ↓




Ap.ディプロタエニア (バルセロス) F1 アピストマニア垂涎の最後の大物(?)

Ap.ビタエニアータ (ノボ・アラサ) F1 まだ若い個体なので成長も発色もこれからです。

Ap.ヴィエジタ “オレンジ” F1 背鰭&腹鰭の鰭先が長く伸びて、バッチリ仕上がってます。

Ap.sp.“ブルーフェイス” 東亜便 詳細は不明ながら、かなりの美種。(レガニ系!?)

Ap.“インカU” 欧便 ←という名前で来た詳細不明種。パッと見は『インカ』なんですが・・・??

Ap.ノーベルティ (タファヨ) 『バエンスチ』の陰に隠れがちですが、本種もカッコイイですよ!

Ap.イニリダエ 広く認知されてる種なのに入荷数は多くない、ある意味『珍種』。(でも¥高くはない)

ベタ・コッキーナ 国内ブリード 多めに再入荷しましたが、ペア取りには限りがあります。

コリドラス・パラレルス 国内ブリード 『コルレア』の名前でも知られる人気種!

コリドラス・シミリス 以外(?)と人気のヴァイオレット。追加補充しときました。

コリドラス・ステルバイ 多めに仕入れといたので纏め買い特価で行きたいと思います。

ベトナムプレコ 『ドジョウの仲間なのにプレコと呼ばれるシリーズ』当店人気bQ

石巻貝 イシマキガイ補充完了!

イガカノコ貝 サザエイシマキガイ補充完了!

画像は新しいカメラを手に入れたときにその魚がまだ残っていたら、順次撮影していきたいと思ってます。


 2012.6/11
 
@素早く動く魚をしっかり捕捉できる機能、
A一瞬のシャッターチャンスを逃さない性能、
B至近距離撮影可能な接写機能、

取り敢えず上記を重視して探しています。(・・・あとは価格との兼ね合い。かな?)




ディスカス・ブリリアントターコイズ 店頭で実物をご覧ください。

ディスカス・西岸アレンカージャタプークリーク
 国内ブリード・赤系ディスカス

ベタ・ウベリス
 (サンピット) 多めに再入荷しましたが、ペア取りには限りがあります。

コリドラス・イミテーター
 アドルフォイのロングノーズタイプ

コリドラス・シクリ
 アトロペルソナータスのロングノーズタイプ

コリドラス・ピグマエウス
 店内繁殖物!なのでいつものより若干小さめです。

ブロキス・スプレンデンス
 エメラルドグリーン・コリドラス

クイーンインペリアルタイガープレコ
 そこそこの大きめサイズ。

ファロウェラ・ビッタータ
 (Farlowella vittata) ノーマルノーズ(?)タイプ

ファロウェラ・マリアエレナエ
 (Farlowella mariaelenae) ショートノーズタイプ

ロイヤルファロウェラ
 東南アジアブリードの小枝たち。

リネロリカリアsp.“レッド”
 久々登場の赤いヤツ。左遷でもされてたんでしょうか?w

アベニーパファー
 世界最小淡水河豚。  同種混泳○  他種混泳△

テトラオドン・ミウルス
 茶系と黒系、各1匹ずつ入荷。環境次第で色が変わるようです。

ブラントノーズガー
 名前にガーと付きますが、ガーパイクではなくカラシンの仲間。

ダトニオイデス・ミクロレピス
 背鰭にやや難有りの為、ワケあり特価です。

画像は新しいカメラを手に入れたときにその魚がまだ残っていたら、順次撮影していきたいと思ってます。


 2012.6/6
 
現在、機能面や操作性などを考慮しながら新しい機体を検討中です。


↓今日は小型魚を中心にご紹介↓




ラミーノーズ・テトラ カラシン界のアカウアカリ。

レッドファントム・ルブラ 真っ赤テトラ。水草水槽の主役にどうぞ。

ファルゴ・テトラ 体側のメタリックパープルが美しい珍カラ。ファラガ・テトラとも呼ばれる。

ジェリービーン・テトラ
 アフリカンカラシン界トップクラスの美種。

レッドライン・ラスボラ
 本来の色を引き出すのは以外と難しいです。

ラスボラ・アギリス
 単種での入荷は稀。なのにそんなに¥高くない。

ミクロラスボラsp.“花火”
 少数よりなるべく群れで泳がせたい魚です。

ゴールデン・セルフィンモーリ− ペア販売です。

ブラックモーリー 真っ黒胎生メダカ。油膜取りもしてくれます。

クセノトカ・ヴァリアータ アメカ・スプレンデンス似(?)の珍・真胎生メダカ。

ベタ・アルビマルギナータ 渋カッコいいワイルドベタの人気種。

ニューギニア・レインボー オス同士のフィンスプレッティングをお楽しみください。

画像は新しいカメラを手に入れたときにその魚がまだ残っていたら、順次撮影していきたいと思ってます。


 2012.6/5
 
お知らせ

これまで細かな支障はありましたが騙し騙し使ってきた
店のデジカメがついに使用不可になってしまいました。

「初期配備されたRGM-79をそこそこ使えるようになってきたので、
RXシリーズとはいかなくても、RGM-79NやRGM-79SP辺りの
もう少しスペックの高い上位機に乗り換えたいな」的な事を思っていた矢先でした。

新しいカメラが手に入るまでは暫く画像の無い状態での更新内容になります。
画像を見て購入を検討したいという方には御迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします。


 2012.5/30
 
最近、神鳴りがよく発生してますね。
音が遠くで鳴ってるうちは特に気にしませんが、
落雷時の振動が肌に伝わるくらいの距離になると流石に身の危険を感じます。

とある赤い御方が「当たらなければどうという事はない」などと仰っていましたが、
それは避けられる人の理屈なのでは? というか神鳴りは避けれません!

一般人の我々は神鳴りが収まるまで建物内でやり過ごすのが得策ですかね?
皆様も神鳴りにはくれぐれもお気を付けください。




アルビノ紅白ソードテール
フラッシュ撮影のせいで白目に見えますが、実物は赤目です。
周りの環境に合わせてメスからオスに性転換することでも知られています。



ベタ・ウベリス (サンピット) F1
学名が決まるまでは『sp.パンカランブーン』として流通してました。
いくつかの地域別タイプが知られていますが、今回のはサンピット産です。



テトラオドン・ミウルス
『ナイルフグ』の名でも流通するアフリカ産の変顔河豚。
画像のような赤っぽい個体は中々入荷しません。



テトラオドン・リネアータス
旧名の『ファハカ』の名でも流通するアフリカ産の河豚。
慣れれば直接手からエサを食べるくらい懐きますが、
元々の気性が荒いので他魚との混泳はお勧め出来ません。



ボルネオプレコ
当店の隠れ人気魚!しばらく品切れ状態でしたが補充しました。
入荷を待っていた方々、お待たせしてすいません。
今回はいつもの水玉模様とは違う柄のが来ました。
こーゆーのをコレクションの一つとして加えるのも面白いですよ!



コメット・ロリカリア (Pterosturisoma microps)
名にロリカリアと付きますが、分類的にはロイヤルファロウェラに近い仲間です。
今回のはいつもより小さい珍しいサイズです。カッコカワイイです。



アカプレコ 
アカプルコではありません。 でかい!約18p



カラープロキロダス
ポリプテルスにちょっかいを出すプレコにお困りの方は、こちらをお試しください。



ロングボディ・グラスフィッシュ
名前の通り、胴長のスレンダーなグラスフィッシュです。(画質が悪くてスイマセン)
他のグラスフィッシュの仲間と同様の飼育管理でいけそうな感じです。



Ap.sp.“フィールフレック”
別名『アマパ・グッタータ』の名前でも知られる、入手困難な珍アピスト。
今回のは欧州便で来ましたが、やはり輸入数は少なかったようです。
入荷してまだ日が浅いので現時点ではまだ↑この光沢感だけですが、
本来の黄色とオレンジの発色をいつ出してくれるのか楽しみです。



ペルヴィカクロミス・スボケラートゥス (マタディ) F1
ワイルド物、ブリード物、共に殆んど入荷の無い珍ペルヴィカ。
チェコブリード物の国内繁殖個体。3ペアのみ



アジア・ロックシュリンプ
小型魚水槽のマスコットに如何ですか?
なりはこんなんですが混泳魚を襲うことはありません。
注)コケ取り能力は無いですが、残餌処理はきちんとこなします。


 2012.5/18
 
相変わらずの不定期更新ですいません。
なんか色々と忙しくて、ほんと猫の手でも孫の手でも借りたいくらいです。




Ap.アガシジィ (ノボ・アイロン)
なんとネグロ川産のアガシジィが来ちゃいました!
アマゾン川の広い範囲に分布している事は知られていますが、
まさかネグロ川からアガシジィ来ようとは!これはかなり珍ですよ!
(入荷早々買われちゃったので、せめて写真だけでも!と、袋に入った状態で一枚撮らせてもらいました。)



Ap.アガシジィ (トカンチンス)
こちらもまた珍しい産地です。アマゾン川下流域の支流トカンチンス川産。
まだ若い個体なうえ色飛びしちゃってるので分かり難いと思いますが、
背鰭のオレンジ色の出具合など、これからが楽しみな個体です。



Ap.アガシジィ (ジュア)
こちらも珍産地です。と言うか初めて聞く地名なので調べました↓
タパジョス川が本流に合流する地点にサンタレンという街があります。
その郊外にサンタレン空港があり、付近に湖(ワンド?)があります。
その湖もしくはその付近の地域が『ジュア』と言う所のようです。



Ap.sp.“ウィルヘルミィ” (アバカキシス)
なんかとっても目付きの悪い瞬間を撮ってしまいましたが、
見るべきポイントはそこではありません。
こんな撮影に嫌々付き合わされて色飛びしまくってる状態にも係わらず、
顎下の臙脂色や尾鰭のオレンジはしっかり残ったままです。
環境に慣れて本来の色が出る瞬間が楽しみです。



Ap.ギビケプス
『レッドフィン』やら『イエローフェイス』なんて名が付くタイプもありますが、
今回のは普通にただの『ギビケプス』で来ました。細かなロケも無しです。
なので(?)割かしお買い得なお値段になってます。



Ap.ペルテンシス (ノボ・アイロン)
現段階ではあまりパッとしない地味めな印象のアピストですが、
成熟したオスの色彩は一見の価値ありです。
是非、飼い込んで仕上がった姿を自身の目で確認してみてください。



Ap.sp.“ロートカイル” (サンフィリッペ) F1
「これでラスト。」だそうです。
国内ブリード物ならではのお値打ち&良品です。
「ワイルド物がいいけど値段が・・・」と言って悩んでるそこの御仁!
決断を下す時が来たかも知れませんぞw



ディクロッスス・フィラメントースス (バルセロス)
いつもは雌雄判別が難しいチビサイズのコロンビア産が主ですが、
今回は久々にネグロ川産のチェッカーボードシクリッドが来ました。
ただ、一応ペアとして入荷しましたが、若干微妙な線は拭えないので、
気になる方は店頭で実物を見て判断していただいて、
充分納得された上でのお買い上げをお勧めします。


(画像にカーソルを合わせると♀画像になります↓)

ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス “ムユカ” F1
激レア・ペルヴィカクロミスの『ムユカ』として来た個体です。
が、以前から知られてる『ムユカ』とは差異があるようです。
詳細もワイルド物のF1個体、ということ以外は分かりません。
気になる方は画像↑を見て判断していただくか、
店頭で実物を見て充分納得された上でのお買い上げをお勧めします。



ペルー・ワイルドオスカー (アルト・ナナイ)
意外とご無沙汰のペルー産ワイルドオスカー。ご覧の通りの幼魚です。
いっぱい餌を食わせて、大きく立派に育て上げちゃってください。



ブラジル・ワイルドオスカー (マラジョー)
こちらは超久々のお目見え、ブラジル産ワイルドオスカー。
成長につれどんな色彩や模様になるのか楽しみです。


 2012.4/25
 
「朱赤の虹魚」と「深紅の鉛筆魚」が来ました。極美です!




プセウドムギル sp.“ティミカ”
去年の10月頃(だったかな?)に紹介されたばかりの新着レインボーフィッシュ。
フィンスプレティング時の大きな鰭を広げたその姿は感動的な綺麗さです。
ただ、動きが素早くて残念ながらベストショットは捕らえれませんでしたが、
広げていない↑この状態でも、その魅力は充分伝わるはずです。
(ベストショットをご希望の方は、実物を見に来ていただくか、月刊アクアライフ2011・12月号・P92をご覧ください。w)



ブラッドレッド・ペンシル
どうですか?この濃い赤色は!まるで遡上前の『紅鮭』のようです。(えっ? 例えが悪い!?)
担当さん選りすぐりの一品です。同種間でのケンカが少ないのもいいですね。
カーソルを画像の上に重ねてアップ画像もご覧ください。



ナノブリコン・エクエス
一般には「黒ペンシル」、又は単に「ペンシルフィッシュ」と呼ばれ流通してます。
静止時の斜めのポーズがこの種の特徴です。



ホワイトフィン・ロージーテトラ
現時点でも魅力的なテトラですが、成長して仕上がった姿はさらに魅力的です。



ピリューリナ sp.“ブルーフェイス”
珍カラ再入荷!たぶんこれで最後でしょう。欲しい人はお早めに。



コリドラス・パンダ
大熊猫、補充しました!



コリドラス・ベネズエラオレンジ
ベネオレ、補充しました!



コリドラス・シミリス
ヴァイオレット、補充しました!



コリドラス・シミリス(?)
何か変なのが1匹混ざってました!



ボルネオ・プレコ
ドジョウの仲間なのに「プレコ」と名付けられてしまった可哀相な子。
オトシンクルス並にコケ取りもしてくれます。



ボルケーノ・オトシン (Nannoptopoma sp.)
珍オトシンの中で人気のボルケーノ・オトシン入荷しました。
以前に比べれば入荷するようにはなりましたが、
一度来た後の次回入荷は間隔が空く傾向にあるので、
入荷待ちしてた方はあるうちにゲットしてください。



オリノコ・メガクラウン
国内ブリード個体。約3〜4pくらいのお子様達です。



ナンナカラ・アノマラ
ヨーロッパ便の親からとった国内ブリード個体です。




Ap.アガシジィ “Novo Aripuana” (ノボ・アリプアナン)
清涼感のある澄んだメタリックブルーが綺麗なマディラ水系産のアガシジィ。
鰭先がもっと伸びそうな感じがします。



Ap.sp.“ロートカイル” (サンフィリッペ) F1
帆立アピスト再入荷。
そろそろ仕入先のストックも少なくなってきたようです。



Ap.sp.“ウィルヘルミィ” (アバカキシス)
やばいです!極上すぎです!輝きがハンパないです!
こんなレベルのは早々来るもんじゃありません。
気になる方は迷わずゲットしてください。レベル相応に¥高いですけど・・・


 2012.4/23
 
今年も『う〜ぱ〜る〜ぱ〜』始めました。

国内繁殖物のカワイイ子達が入荷してます。




ウーパールーパー (ホワイト)




ウーパールーパー (マーブル)




ウーパールーパー (アルビノ)

とくに言うことは無いですね。この可愛さに癒されちゃってください!!
     (但し、成長すると容姿の変化は殆んど無いまま最大20pくらいになっちゃいますけど・・・。)


 2012.4/18
 
4月に入り暖かい日が増えてきた今日この頃。
水槽をいじるのには良い季節になってきました。

そんな中、1年に一回発刊の水草本が発売されました。

アクアプランツ bO9
水草レイアウトマスターを目差すあなたの必須アイテムです。

ついでに欠品中だった bO7 も再入荷しときました。


それと『らんちゅう』関連の本とDVDも入荷してます。

日本らんちう銘鑑
地元の豊橋愛錦会のらんちゅうも載ってます。

↑にも載っている『第56回・日本らんちう協会全国品評大会』のDVD