豊橋アマゾン

新着情報


当店は日本国内有数の『卵生メダカ』に強いプロショップです。

卵生メダカの他にも、一般熱帯魚・小型甲殻類・水草と、
それらに関するエサや飼育器具などを取り扱っています。

このページではお勧め魚などの新着情報を紹介していきます。

トップページへ  メインページへ最新記事はこちらから)


 過去記事
 2011.10~12月
 2011.7~9月
 2011.4~6月
 2011.1~3月
 2010.9~12月


 2012.3/21
 
珍産地からの来訪者!

自分の知る範囲では、この産地からの入荷は無いです。
なのでこの情報が正しいのか、真贋の程は定かではありません。が、

まぁ、産地云々は措いておいたとしても、
取り敢えず実物を見てもらえば魅力は充分伝わるはずです。

その他色々入荷してますので、まとめてご紹介↓




まずは『ナノストムス』3種類

ベックフォルディ・ペンシル
「アークレッド」や「ブラッドレッド」の参入で忘れられがちですが、
『赤いペンシル』の元祖と言えば本種!飼い込んだオスの発色は侮れません。



スリーライン・ペンシル
数いるペンシルフィッシュの中でも本種はコケを突く方ですが、
コケが出てから対応させるより予防策として予め入れておくのがベストです。



ドワーフ・ペンシル
最大でも3㎝程にしかならない小型ペンシルの代表格。
同種間でしばしば小競り合いをするので、水草水槽で飼うのが良いでしょう。




続いて『コリドラス』を3種類

コリドラス・ハブロースス



コリドラス・シミリス



コリドラス “ジュリー”




さらに『プレコ』も3種類

タイガープレコ
オス・メスが分かるアダルトサイズです。



ロイヤルシューティングスタープレコ
プレコではよくある事例ですが、この子も名前と見た目のイメージが一致しません。
金色の斑模様が綺麗な「ブロンズプレコ」似の珍プレコです。



ブルーフィンプレコ
独特な色合いで人気のブルーフィンプレコ。サイズは約8~10㎝のが来てます。




そして『ディスカス』が5種類

ソリッドブルー



ヘッケル×コバルト



フラワーヘッケル



ヘッケルクロス・レッドターコイズ



スネーク系(?) の詳細不明種




と+α

ミックス・バルーンモーリー
見た目の可愛さで人気のバルーンモーリー来てしますよ。
なんと今回入荷分の中に1匹だけ「アルビノ・ダルメシアン」が!
なかなか単種での入荷が無い種なので、欲しい人はお早めに。



ブロキス・スプレンデンス
見た目から『エメラルドグリーン・コリドラス』とも呼ばれたりしますが、別種です。
しかし飼い方などはコリドラスと同じで問題ありません。



シルバーアロワナ
久々のシルバーアロワナ。ちょい大きめサイズ、約26㎝
画像からでは分かりにくいかもしれませんが、実物は結構いい色出てますよ!



ワイルド・オスカー (Astronotus cf. ocellatus) 約26㎝
光を反射し輝く金の鱗、そして腹鰭・尻鰭・尾鰭の下半分に乗る赤味。
こんなハイグレードなオスカーは滅多にお目に掛かれません。


 2012.3/7
 
『フレッサー』とはスペイン語で『苺』という意味だそうです。




Ap.sp.“ディアマンテ” var.“フレッサー”
Ap.エレムノピゲの地域別タイプの一つとされる『フレッサー』
として入れましたが、正直何がどう違うのか今一よく分かりません。
識別するポイントは幾つか有るらしいのですが、現状では何とも。
まだ若い個体なので今後どう仕上がってくるのか、楽しみではあります。



Ap.トリファスキアータ (マットグロッソ) F1
久々のトリファです。 煌めく青、かっこいいフォルム、堪りません!!
個人的にも好きな種類なのですが、流通がさほど多くないのが悩ましい所です。



コバルトブルーラミレジィ
ド派手な青が目を引く、ミクロゲオファーグス・ラミレジィの改良品種。
体色が違うだけなので、飼い方は一般的なラミレジィと同じです。



シルバー・ローチ
この珍ドジョウを見た人の反応は極端に二分化されます。
①「なんか変なのがいる!おもしろそうだから買ってくかw
②「なんかキモイのがいる!これはちょっと無理だわ・・・」 ってな感じです。



ファロウェラ・ハニー (Farlowella hahni ?)
先日の「ハニー」はグラミーでしたが、今回の「ハニー」はファロウェラです。
ただ、自分が以前から認知していた「Farlowella hahni」とは違うタイプのような??
どちらにしろ南方産の珍ファロウェラであることには間違いありません。



エパクティオノタス・ヤシィ (Epactionotus yasi)
聞き慣れない名前ですが、↑見て分かるようにオトシンクルスの系統の魚です。
黄色~黄土色っぽいような体色のアルゼンチン産の珍オトシンです。



スプーンヘッド・ロリカリア (Loricariichthys platymetopon ?)
パンタナル産の丸顔珍ロリカリア。ロリカリイクティスの一種だと思われます。



オレンジスポットセルフィンプレコ
コケ取り魚の代表格『マーブルセルフィンプレコ』の柄違い。
ただ、柄が違うだけでコケ取り能力は同等です。
5㎝くらいのサイズはちらほら見かけますが、画像のは大き目の約20㎝。



ダトニオイデス・ウンデキムラディアトゥス
分かりやすく言うと『フォーバー・タイガー』です。 約10㎝




ZENSUI LED LAMP  BLUE/WHITE  90㎝

ゼンスイ  LEDランプ  ブルー/ホワイト  90㎝
リサイクル品ですが、殆ど使ってないらしくほぼ新品です。
新品定価は13650円ですが、こちらは中古価格で6500円です。

↑個数は画像の1点のみです↑   ↓仕様はこちら↓


 2012.2/29
 
八十日目(やっとかめ)の再会。
待ち焦がれていたハニーとまた会うことが出来ました。




ゴールデンハニードワーフグラミー
去年発生したタイの洪水の影響で輸入が止まっていましたが、漸く再開したようです。



アベニーパファー
こちらも久しぶりの入荷。世界最小の淡水フグ。MAXでも約3㎝くらいです。



ロイヤル・ファロウェラ
シュッとしたカッコいいスタイルが人目を引きつける人気種。
意外と丈夫でさらにコケ取りもしてくれます。一家に一匹ロイヤルファロウェラ!



ゴールデン・ブッシープレコ
今回のはいつものよりやや大き目の約5㎝。(約3㎝のも在庫あります)
体が大きい分、小さ目個体より馬力があるのでその分よく働きます。



Ap.アガシジィ “スーパーレッド” EU便
メスも大分黄色くなってきてました。直ぐにでも繁殖を狙える即戦力のペアです。



Ap.sp.“ロートカイル” (サンフィリッペ) F1
再入荷です。・・・が、やはり警戒していて中々上手く撮らせてくれません。



何とか粘ってヒレ全開写真が撮れましたがあくびをした瞬間のブサイク顔に!?






良く言えば「青」・・・!?。 まぁ、この辺の色に関する云々は大目に見てください。

淡水コシオリエビ ブルータイプ
少数のみですがペア取り出来たので、ペア販売で行きたいと思います。
今回のは一般的な『茶系』ではなく、茶系より流通量の少ない『青系』です。
繁殖例もあるので、興味のある方はこの機会に是非チャレンジしてみて下さい。


 2012.2/22
 
珍客万来




テトラオドン・ミウルス
水槽に導入する際に、警戒したのか「ぷくー」っと膨れて、
こんなんなっちゃいました。 ・・・ので、激写!



エレファント・ナイフ
これぞ珍魚!「こんな魚、滅多に見れないんだからね」って言ってるうちに即売。



ピリューリナ sp.“ブルーフェイス”
名前は『ブルーフェイス』なのに実物は・・・? まぁ、好きな人向けですね。



アークレッド・ペンシル
オスは気性が荒く、オス同士では顔を合わせる度に威嚇し合ってます。
しかしその瞬間が一番いい色になるんです。困った人たちです。



マーサ・ハチェット
日常の殆んどを水面付近で生活している、変わった形のカラシンの一種。
水槽内の上部に物足らなさを感じてる方は、ハチェットは如何でしょうか?



ヘミランフォドン cf.ポゴノグナトゥス
聞き慣れない名前ですが、『デルモゲニー』の仲間と言えば分かりますか?
この魚の仲間は常に水面と平行線を保って生活しています。



Ap.ボレリィ (パンタナル) F1
本種は水質にあまりうるさくなく、飼育し易いのが人気の理由の一つ。



Ap.ヴィエジタ “スーパーレッド・ウィルヘルム” F1
前から居た子ですが、下半身(?)が長くカッコよく仕上がってきたので再UP!
「Sレッドってゆーほど赤くないじゃん!」 というツッコミは右から左へ受け流します。



ペルヴィカクロミス・スボケラートゥス (マタディ) F1
ワイルド物、ブリード物、共に殆んど入荷の無い珍ペルヴィカ。
今回のはチェコブリード物の国内繁殖個体。3ペアのみ


 2012.2/21
 
これは何?




↓先日、入荷したブラックゴーストの顔の下に↓





何か生えてる? 付いてる?













と、思ったら・・・。

排泄中でした。 (金魚のフンみたいな立派なのを)

この手のナイフフィッシュの仲間は、
「排泄腔が頭部に近い場所にある」という事は知ってたんですが、
そのシーンを目撃したのは初めてだったので、つい激写してしまいました。

お食事中の方、ゴメンなさい。 失礼しました。


 2012.2/7
 
今年の2月は閏年の為、平年より1日多いです。
日々時間に追われる身としては、ちょっと得した気分です。




L-066 F1
通称『キングタイガーペコルティア』と呼ばれるものだそうですが、
『キングロイヤルペコルティア』を『キングタイガーP』と呼ぶこともあるそうで、
もう何が何やら今一よく判りません。その辺の区別が出来る人向け生体!?



クイーンインペリアルタイガープレコ F1
国内ブリード物が来ました。因みにワイルド・アダルトサイズも在庫あります。



タイガープレコ
一般的なノーマル・タイガープレコもこっそり入荷してます。
恥ずかしがり屋さんなので隠れてばっかりで中々前の方に出て来てくれません。



ブラックゴースト
凡そ魚らしくない見た目と動き。ユラユラ、フワフワ、前に後ろに、上に下に、
こんな特殊で面白い珍魚が、こんな値段で買えるなんて



ブルーエンゼル
現時点では普通のエンゼルフィッシュにしか見えませんが、
成熟する段階では立派なブルーエンゼルになる・・・、予定です。



レッドグラミー
混泳に向く中型グラミー。



カージナルテトラ
大きめのLサイズが来ました。もちろんいつものMサイズも居ます。
それぞれの用途に合わせてお選び下さい。



ミクロラスボラsp.“花火”
国内では『ハナビ』の流通名が一般的ですが見た目の印象からは
英名の『ギャラクシー・ダニオ』の方がしっくりくると思ってしまうのは自分だけ?



ラスボラ・アクセルロッディ “グリーン”
いつもは『濃青』が来ることが多いですが、偶には『緑』も如何ですか?



バタフライ・レインボー
中々いい写真が撮れなくて、微妙な画でスイマセン。
実物は黄色を基調とした綺麗な小型レインボーフィッシュです。



ベトナムプレコ
当店の隠れた人気者!この見た目は意外と皆さんの目を引くようです。
ただ、口を酸っぱくして言ってますがこの魚はドジョウの仲間です!



ホンコンプレコ
こちらも名前に「プレコ」と付きますがドジョウの仲間です。
垂直のガラス面を張り付いたまま上っていく事があるので、
フレームレスの水槽で飼う場合は脱走防止対策を講じてください。



前回更新時に載せた Ap.sp.“ロートカイル”(サンフィリッペ)
の写真を撮りなおしたのでUPしときます↓

散々粘って、やっと背鰭を立てた瞬間狙って撮ったんですが、ややピントが・・・。
今回はこれが精一杯。  またガンバリマス。


 2012.1/27
 
ヤバイ!

こないだ年が明けたばっかりだと思ってたら、もう月末! 正に光陰矢の如し。




Ap.sp.“ロートカイル” (サンフィリッペ) F1
ネグロ川産の帆立アピスト。レッドテールタイプです。
この子はカメラを向けると警戒して中々いい画を撮らせてくれません。
また時間があれば撮りなおして画像を差し替えたいと思いますが、
気になる方は直接見に来たほうが早いかも知れません。



Ap.バエンスチ (リオ・ファラガ) F1
ペルー産アピスト。通称 Ap.sp.“インカ” です。
店内で大きくなった子達がいい大きさになったので販売に廻しました。



Ap.アガシジィ “ファイヤーレッド”
ブリード個体が基本のファイヤーレッドですが、入荷は不定期です。



Ap.カカトオイデス “トリプルレッド” ヨーロッパ便
トリプルとして仕入れましたが、やや物足りない感じ。2.5ってとこですかね。



Ap.カカトオイデス “オレンジ” ヨーロッパ便
オレンジはまず外れないですね。ほぼ一律でいいのが来ます。



Ap.sp.“ウィルヘルミィ” (リオ・アバカキシス/ウラリア)
アガシジィ・グループに属するプルクラの地域別個体の一種と言われるアピスト。
顎下が臙脂色になるのが特徴。こちらは一般的な(?)ブルータイプ。



Ap.sp.“ウィルヘルミィ” (リオ・アバカキシス/ウラリア)
他のアピストに比べ体に染みが出易いとされる本種ですが、今の所シミ無しです。
こちらはブルータイプより流通量が少ない(?)オレンジタイプ。



ナンナカラ・アノマラ
今回のはヨーロッパブリード個体。前回の国産物と比べて違いが・・・よく判りません。



アシペンサー・ロリカリア (Hemiodontichthys acipenserinus)
殆んど動きません。動く時は人目を盗んでこっそり腹鰭で歩いて移動します。変な魚です。



コリドラス・スーパーシュワルツ
今回は画像のような個体、ラインがややしょぼい個体、やや体高がある個体等々色々来ました。



コリドラス・スーパーシュワルツ
中でもこの個体のゴツさは相当です。背中の輪郭の雰囲気がバイソンみたいでいかしてます。



あと、こっそりこんなのも居ます↓

この手の魚は注文以外では滅多に入れないのですが、話の流れというか何というか・・・。
運よく手に入れることができました。関係者の方には感謝です。
生餌もやれば食べますが、店では冷凍赤虫をあげてます。


 2012.1/3
 
~謹賀新年~

明けましておめでとうございます。
本年も当店を宜しくお願い致します。

豊橋アマゾンは本日より通常営業再開しました。

営業時間 10:00~20:00  毎週木曜定休日(祝日は営業)です。
5日(木)は特別営業します。



早速ですが、去年発売してた本を紹介し忘れてたので、新年一発目でご紹介!


その1

SHRIMP CLUB  〜シュリンプクラブ〜 (エムピージェー)

・シュリンプファンの水槽拝見
・トッププロからのアドバイスシュリンプ Q&A
・トップシュリンプギャラリー
・アジアパシフィックシュリンプ コンテスト2011
・コンデジによる、シュリンプ撮影講座
・失敗のない水槽セッティング方法
以上のようなレッドビーからブラックシャドーまでの
シュリンプの個体カタログや飼育方法など、内容盛りだくさん。


その2

シュリンプを愉しむ (緑書房)

大人気のビーシュリンプ・シャドーシュリンプを中心に、
希少個体からザリガニまで網羅した最新シュリンプ大図鑑、
飼育・繁殖のテクニックも大公開!



約100個体を極美写真で紹介する最新シュリンプカタログ
色、模様、体形、個体の特徴をとらえた鮮やかな写真と品種解説で、
続々と登場する最新のシュリンプを紹介します。


シュリンプの醍醐味、繁殖テクニックがわかる
専門ショップの繁殖水槽を14例取り上げ、詳細なデータとともにわかりやすく解説。
プロが理想のシュリンプを繁殖するためのテクニックを伝授します。


目次
シュリンプについて
●淡水シュリンプの概要●シュリンプの体●シュリンプ鑑賞史

好みのシュリンプを探そう!
●人気シュリンプ大図鑑・ビーシュリンプ・シャドーシュリンプ・その他

シュリンプを飼ってみよう
●シュリンプ飼育・繁殖のコツ●飼育グッズカタログ

プロの繁殖水槽を覗く

コンテストにチャレンジ

そのほかのエビの仲間たち
●ホロホロシュリンプの魅力●ザリガニの飼育の基本●ザリガニ図鑑