豊橋アマゾン

新着情報


当店は日本国内有数の『卵生メダカ』に強いプロショップです。

卵生メダカの他にも、一般熱帯魚・小型甲殻類・水草と、
それらに関するエサや飼育器具などを取り扱っています。

このページではお勧め魚などの新着情報を紹介していきます。

トップページへ  メインページへ最新記事はこちらから)


 過去記事
 2011.7〜9月
 2011.4〜6月
 2011.1〜3月
 2010.9〜12月


 2011.12/31
 
今年も残すところ本日のみとなりました。

世界中で大きなニュースが沢山ありました。
中でも日本は火山の噴火、台風、地震、そして津波と
大きな自然災害が発生し大変な年になってしまいました。
被災地の復興を陰乍ら応援しております。

それと個人的なことで申し訳ないですが、
地元の贔屓にしてるチームが日本一をかけて勝負し、
何とか善戦しつつも結果敗れてしまったことが、今年最大の心残りです。

最後になりましたが、今年一年お店に来てくれたお客様、関係業者の方々、
ありがとうございました。それでは皆様良いお年を。


                             豊橋アマゾン 熱帯魚担当


 2011.12/24
 
今年もあと一週間

当店は年内31日のPM19:00まで、フル営業しております。
年明けは1〜2日はお休みで、3日から通常営業になります。




エンゼルフィッシュ (各種)
大き過ぎず小さ過ぎず、丁度いいMサイズです。



コリドラス・アークアタス



コリドラス・メタエ
↑にしては背中のバンドがちょっと太いような?
かと言って「メリニ」でもなく「デビッドサンジィ」でもない。やっぱり「メタエ」!?



コリドラス・オイアポクエンシス
ブラジルとフランス領ギアナの国境を流れるオイアポク川産のコリドラス。
近年はブリード個体が流通し始め、以前より入手し易くなりました。



コリドラス・コンディスキプルス
上記種のセミロングノーズタイプのコリドラス。
○○○のロングノーズタイプ云々って結構種類いるんですよね。
どういう自然の原理なんでしょう?不思議です。



コリドラス sp.“オイアポク・リバー”
コンディスキプルスの中に1匹だけ紛れて来た不明種。
この程度の差異は「個体差」という言葉で収まる範囲でしょうか?



サカサナマズ “ゼブラ”
水中を泳ぐ時はお腹を上にして逆さに泳ぎますが、
何かに寄り添って泳ぐ時は普通に泳いじゃいます。残念



ボルケーノ・オトシン (Nannoptopoma sp.)
この手の珍オトシンの中では比較的丈夫な種類で、
個人的に飼ってるボルケーノオトシンは2年くらい経ちますが未だ健在です。
コケを非常に良く食べますが、食べれるコケを食べ尽くすと痩せてしまうので、
しっかり人工飼料に餌付かせて、エサを与えつつコケも食べてもらうのが理想です。



ジャイアントオトシン T (パンタナル)
パンタナル産のジャイアントオトシンとして入荷しましたが、



ジャイアントオトシン U (パンタナル)
明らかに違う種類が来ました。
便宜上 T と U としましたが、産地以外の情報は不明です。



ファロウェラ・プラトリンクス (Farlowella platorynchus)
「ロングノーズ・ファロウェラ」として入荷したペルー産のファロウェラ。
お腹側から見ると、鼻(吻)の長さがより際立ちます。


side
under
ストゥリソーマ sp.“コロンビア”
「ストゥリソーマ・バルバトゥム」として入荷しましたが、
コロンビア産という事なので残念ながら別種です。
強いて挙げるとすれば 「Sturisoma aureum」 に似てる気がします。


side
under
ストゥリソーマ sp.cf.ニグリロストルム
「ストゥリソーマ・バルバトゥム」として入荷しましたが、
ペルー産という事なので残念ながら別種です。
確証は無いですが、こちらは恐らく 「Sturisoma nigrirostrum」 だと思われます。



スーパーロイヤルファロウェラ
各鰭のフィラメントが伸長するLamontichthys filamentosusということで入荷しましたが、
今の所伸びてるのは尾鰭のフィラメントのみです。恐らくLamontichthys llaneroですね。



ゴールデン・ブッシープレコ 約9p



アルビノ・ブッシープレコ 約12p



ミニ・ブッシープレコ
コケ取り要員として充分使えるブッシープレコの子供達。
大量入荷につき、お値打ち価格で販売中です。



レンジャーインペリアルプレコ
初登場時は「ペコルティア・グループ」として扱われてましたが、
実はセルフィンプレコのグループだったようです。道理でよくコケを食べるはずです。



ハニードワーフグラミー
いつもいるゴールデンハニードワーフグラミーが欠品中の為、
原種タイプを入荷しました。たまにはこういうのもどうですか?



クラウン・ローチ 約12p
滅多に来ないLサイズ。画像の個体も含めて3匹のみ。イレギュラーバンド個体もいます。


 2011.12/12
 
気付けばもう12月。
月日の経過が早く感じられる今日この頃です。

店内業務が多忙の為、相変わらず更新が滞っております。スイマセン。
魚の仕入れや状態管理は滞っていませんので、どうぞヨロシクです。




ホワイトフィン・ロージーテトラ
今月のアクア・ジャーナルの表紙に載ってることに仕入れた後気付きました。
成長するとあの写真のようにかっこよくなるので、是非育て上げてください。



ワイツマニー・テトラ
オスは成長に伴い背鰭と尻鰭が大きくなります。
じっくりと飼い込んで立派に仕上げてください。



ゴールデン・テトラ
名前は金色(ゴールデン)なのに体色は銀色の魚。
このギラギラは体表に付くバクテリアによるもの。
・・・と、言われていますが実際のところどうなんでしょ?



エンペラー・テトラ
お客さんのリクエストがあったので入荷しました。意外と久しぶりの入荷です。



シルバーチップ・テトラ
各鰭の先端にワンポイント入るのが名前の由来です。
学名の『ハセマニア』の名でも流通してます。安価で丈夫で綺麗、良い魚です。



オランダ・ラミレジィ
ドワーフシクリッドの飼育入門種的な魚。



ナンナカラ・アノマラ
名前も含めて玄人好みの渋い魚。
と思われがちですが、仕上がったオスのメタリックボディは結構すごいですよ!



Ap.ペルテンシス (リオ・アバカキシス)
え〜と、取り敢えずペアとして入荷したんですが、サイズが小さくて判別が微妙です。
なので現時点でペアという保障が出来ません。
気になる方は現物を見に来て頂いて、その上で判断してください。



Ap.ビタエニアータ
 (マナカプル) F1
人気のビタエニも国内ブリード故にお値打ちに安定供給できてましたが、
画像の個体を含めてラスト2ペア。お買い忘れありませんように!



Ap.ロシタエ F1
アクアライフ2007・6月号の記事に載ってるような採集時の体色が、
飼育下ではまずお目に掛かれません。
まぁ、この体色も好きなんでこのままでも別にいいんですけどね。



Ap.ヴィエジタ “スーパーレッド・ウィルヘルム” F1
またまた来ましたジ○ンの赤いヤツ!と思ったら橙色のヤツでした。



Ap.ボレリィ (パンタナル) F1
飼育管理や繁殖もさせやすいアピストの入門種的魚。
どうですか、この仕上がり具合!メスも黄色くなってきてます。
これから繁殖させるには良い一品ですよ。



Ap.ボレリィ “ブルーフェイス”
上記名で入荷した東南アジアブリードの綺麗なメタリックブルーのアピスト。
ただ、どうも違和感があります。純粋なボレリィではないような・・・
尾柄部の「コーダル・スポット」はボレリィのそれとは違いますし、
画像からでは分かりにくいですが「トランスヴァーサル・バー」も見られます。
・・・詳しいことは不明ですが、色んな意味で衝撃的な魚です。



Ap.ナイスニー
ヨーロッパブリードの一品。流石、いい仕事してますねー



カラープロキロダス 約10p




アルビノ・オスカー 約10p




レッド・コロソマ 約25p




ポスト・フィッシュ 約15p
でかくなるのは知ってましたが、こんなサイズは初めてです!圧巻です!
ただ、何て言えばいいのか・・・
言い方が悪いかもしれませんが、見た目はちょっと柄の入った鮒ですね。


 2011.11/11
 
昨日から一気に寒くなってきましたね。

自室は日当たりががいいので、まだヒーターを入れてない水槽があったのですが、
さすがに昨日からはヒーターを稼動させました。

この時季、水温管理を怠ると要らぬ病気の発症を招くことがありますので皆様御注意を!!




フラワーホーン・ダブルライン
どうもこの辺の体型の花羅漢を見ると特定の人物をイメージしてしまいます。
以前入荷したのが1号機とするならばこいつは マツ○・DX MkU って感じです。



Ap.アガシジィ (ジャマンシン)
元はタパジョス水系ジャマンシン川産のアガシジィですが、
この子は日本生まれの日本育ち、国内ブリードの良品です。



Ap.ヴィエジタ “スーパーレッド・ウィルヘルム”
ウィルヘルムブリードの国内ブリード個体です。
人気種につき再入荷しましたが、今回のは 「レッド」 ではなく 「オレンジ」 ??



ディアブロトリムプレコ 約17p
入荷時の水合わせ中の画像です。丸々とした状態の良いのがきました。
このレポラカンティクス属を含むトリム系プレコは全般気が荒いので、
混泳させる場合は相手魚の選抜やシェルターを多めに入れる等の対策をした方がいいでしょう。



タイガーフィンサタンプレコ 約15p
上記名で入荷しましたが、これはまた良い物が来ました。
この背鰭の色載り具合は『ドラゴンフィンサタン』を謳ってもいいレベルではないでしょうか?



スタークラウンプレコ(?) 約11p
上記の名前で入荷したんですが、どうも違和感が残るような・・・
この手のプレコは似た種などと名前が入り乱れてて今一よく分かりません。



ホワイトエッジブラックブッシープレコ 約10p
1匹だけ入荷した謎のブッシープレコです。
名前の通り白いエッジの入った尾鰭以外は真っ黒で・・・
って、詳細不明過ぎてこれ以上説明できません。



ゴールデンブッシープレコ 約3p
最大でも10p±と他のコケ取りプレコ程大きくならないのがいいですね。



ボルネオプレコ
見た目がこんな形なんで名前に『プレコ』と付いてますが、ドジョウの仲間です。
混泳魚に悪さもせず、オトシン並みにコケ取りもする当店の隠れた人気種です。



ベトナムプレコ
こちらも同上、ドジョウの仲間です。(注・ダジャレではありません。)
いくつもの通り名を持ちますが正式名称は↓
『セウェルリア・リネオラータ』(Sewellia lineolata)と言います。
アクアライフ2011・10月号に繁殖レポートが載ってましたね。
興味のある方は是非チェックしてみてください。



オトシン・ネグロ
一般的に並オトシンよりコケを取ってくれるといわれているオトシン・ネグロですが、
私見ではコケ取り能力にあまり差は無いように感じます。
ただ、生体としての粘り強さみたいなものはネグロの方があると思います。
「並オトシンはすぐに死んじゃうからな〜」という人は一度ネグロをお試しください。



ロイヤルファロウェラ
見た目もかっこよく、尚且つコケ取りもしてくれる一石二鳥(?)な魚。
ストゥリソーマの仲間では唯一ブリード物が安定供給されている種です。



ホワイトグローブ・シュリンプ
店内で繁殖した稚エビ達が育ってきたので販売に回します。
数量限定でいつもよりお買い得価格にて販売中。


 2011.10/31
 
国内繁殖のディスカス入荷してます。

・・・が、自分は詳しく語れないので興味のある方は画像を見て判断してください。




ソリッドブルーターコイズ
ブルーフェイスダイヤモンド × (スーパーサニー WB-12 × ウルトラブリリアント WB-24・F2)
見たとおりの青系ディスカス。掛け合わせが何やら複雑になってます。



ヘッケルクロス・レッドターコイズ × プラチナオレンジ
画像には2タイプ写っていますが、皆同じ親から産まれた兄弟です。



西岸アレンカー・ジャタブークリーク
まだ発色してませんが、赤系のディスカスです。
同一ではないですが成長すればこんな感じ↓になるらしいです。


 2011.10/15
 
ミニコリ3種揃い踏み




コリドラス・ハブロースス
以前は『Co.コチー』と呼ばれてた時期もありました。久々の入荷です。
現在、店頭在庫のある下記2種も含めて、3種が揃う時期は限られます。



コリドラス・ピグマエウス
小型コリドラスは体が小さい分、群れで泳がせた方が見応えがあります。
なので最低でも5匹。出来れば10匹以上は揃えて頂きたいところです。



コリドラス・ハスタートゥス
いつも入荷する魚ではないので、「かわいい!」「飼いたい!」と思った時が買い時です。



コリドラス・ステルバイ
しばらく切らしてましたが、入荷しました。



コリドラス・“ジュリー”
しばらく切らしてましたが、入荷しました。



コリドラス・シミリス
コロコロとした感じが何ともかわいいコリドラスです。



コリドラス・スーパーシュワルツィ
なかなかお目に掛かれないレアなコリドラス。
入荷は少数ですが今回のは結構お値打ちです。



プセウドクレニラブルス・ニコルシー
コンゴ民主共和国(旧ザイール)に生息する第3のエジプシャンマウスブルーダー。
産卵後はメスが口内で卵を守るので、オスは別水槽に移したほうが管理しやすいです。



Ap.ビタエニアータ (マナカプル)
国内ブリードのF1個体です。仕入先の在庫もそろそろ少なくなってきたようです。



Ap.ボレリィ (パンタナル)
飼育管理や繁殖もさせやすいアピストの入門種的魚。メタリックの良い青出てます。



Ap.ヴィエジタ “スーパーレッド・ウィルヘルム”
ウィルヘルムブリードの国内ブリード個体です。
ご覧の通りの赤です。赤過ぎです。○○専用機のような赤です。


 2011.10/5
 
店の物置の奥から古書をいくつか発掘しました。

どれも10年以上前の書籍なので情報が古い部分はどうしてもありますが、
資料的な価値などは充分あると思われます。



グッピーの世界 Vol.3
              1997年10月1日発行   AQUA FARM JAPAN




レイアウト・マニュアル AQUATIC SCENE
1986年6月25日初版発行  1991年10月1日改訂四版発行  マリン企画




水草の楽しみ方
      1991年3月31日発行   1992年2月22日(2刷)
       1993年5月22日(3刷)  1995年8月31日(4刷)   緑書房




Tropical Fish Collection1 コリドラス
                 1994年7月10日第一刷発行   ピーシーズ




アクアマガジン 第4号  特集/コリドラス PART-1
                   1989年12月1日発行   フェア・ウインド




アクアマガジン 第6号  特集/南米小型カラシン
      1990年6月1日発行  1993年3月1日再版   フェア・ウインド




アクアマガジン 第14号  特集/南米 中・小型キャット
                    1992年6月1日発行   フェア・ウインド




アクアマガジン 第16号
 THE FRESH WATER TROPICALFISH OF THE 1992
                   1992年12月25日発行   フェア・ウインド




アクアマガジン 第17号  CORYDORAS THE ALL
                   1993年3月10日発行   フェア・ウインド




アクアマガジン 第18号  特集/ピラニア&南米牙魚
                   1993年6月10日発行   フェア・ウインド




アクアマガジン 第19号  パイク VS.アイスポット
                   1993年9月10日発行   フェア・ウインド




アクアマガジン 第20号  NEW AND MET  NEW COMINGS 1993
                   1993年11月20日発行   フェア・ウインド




アクア エントゥ 創刊第3号  アクアインテリア 私の水槽
                       1992年5月1日発行   シーゲル




アクア エントゥ 創刊第4号  【達人ワザの】飼育道具図鑑
                       1993年3月1日発行   シーゲル




アクア エントゥ 第8  水草小事典
                       1994年9月1日発行   シーゲル




アロワナ・グラフィック・アロワニア Vol.2  百花繚乱
                     1998年12月10日発行   ピーシーズ




アロワナ・グラフィック・アロワニア Vol.5  老練
                      2000年7月10日発行   ピーシーズ




古書にしては比較的状態は良い方だと思いますが、
古書故に多少の傷みや汚れや色褪せ、一部折れのある物もあります。

既に絶版などで今後入荷の見込みが無い本ばかりです。
それぞれ1冊ずつなので、売り切れの際はご了承ください。

詳しくは「ホームページを見た」と一言添えてお問い合わせください。