豊橋アマゾン

新着情報


トップページへ  メインページへ最新記事はこちらから)

過去記事


 2013.9/30
 
もう9月も終わりです。そんな9月中にちょっと気になったニュースに一言。




その1、
「レスリング」「野球&ソフトボール」「スカッシュ」の3つが
オリンピックの残り一枠の実施競技入りをかけて投票が行われ、
1回の投票で過半数を獲得したレスリングの残留が決まった件。



まぁ、妥当ですね。
野球好きとしては自国開催で五輪競技としての野球を見たい気持ちはありますが、
開催期間・監督&選手の人選・ルールの変更等々、懸案事項が色々ありますからね。
そもそも、何でレスリングが除外候補になったのか理解不能!





その2、
環境省が、ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)を、輸入や飼育が原則禁止される
『特定外来生物』へ指定することを検討していると発表した件。



何を今更言っているんだか!?
相変わらず雑な仕事してる体は拭えませんな。
恐らく課題は山積みで早々すんなり事が進むとは思えませんが、
やるからには禍根・遺恨を残さず、きっちりしっかりやっていただきたい
!!











Ap.マクマステリィ “レッドテール” EU ♂
約6p、ちょっと大きめの男の子です。婿入り先を探してます。





コバルトブルー・ラミレジィ
相変わらずの美魚! そして相変わらずオス・メスが見分けづらい!!(故に、単品売りです)





ブルー・エンゼル
(っぽくなる)天使





ブラック・エンゼル
黒天使





ゴールデン・エンゼル
黄天使





プラチナ・エンゼル
白天使





ディスカス・ステンカーソリッド






ロイヤル・プレコ






ブロンズ・プレコ






タイガー・プレコ






ゴールデンブッシー・プレコ






ジャイアント・オトシン
前回と同じくペルー産。スレンダー体型のジャイアントオトシン。





オキシロプシス・オトシン
マラリアオトシンの代用品なんて言わせません。しっかり魅せてくれます!





コリドラス・ピグマエウス
ピグマエウスは来てくれるのに、ハブローススとハスタートゥスがちっとも来てくれません。





ブロキス・スプレンデンス
エメラルドグリーン・コリドラスの名で流通してたりします。(コリドラスではなくブロキスの仲間なのに…)
飼育方法はコリドラスと同様でOKです!





タイガー・オスカー
餌をくれる人全員に尻尾を振ります。約17p





パレンバン・タイガー
スマトラ島・ムシ川・パレンバン産のダトニオイデス・ミクロレピス。 約8p
ボルネオ島産個体より大型になり、体型などがシャムタイガーに類似すると言われています。





アカメ (高知県産)
何故、四万十川産↑表記では無いのか? 仕入先に問い合わせてみたところ、
「今年は殆んど獲れなかったみたいで、四万十以外の所(県内)から入荷しました。」という返答でした。
たしかに今年の四万十市、及びその周辺は異常気象で盛り上がってましたからね。
四万十川産でなくても、アカメ赤目(英名 Japanese lates 学名 Lates japonicus)です。 約8p





ホワイトグローブ・シュリンプ
以前、御紹介した分とそのあとにも産まれた子達が大きくなってきたので販売に廻します。





ダイナソー・シュリンプ
最近は殆んど見かけてなかったのですが、仕入先に混じりで来てた1匹を頂いてきちゃいました。


 2013.9/17
 
まさかの直撃コース!?



昨日の午前4時頃、激しい風切り音と窓の軋む音で一度目が覚める。
風の音で再び目が覚めた7:45には停電により水槽回りを含めた全家電が停止してました。
その直後の午前8時頃、台風のが自宅直上を通り過ぎて行きました。

雨は然程では有りませんでしたが、風が凄まじく室内に居ても身の危険を感じるほどでした。
自宅の停電は午後2時頃に復旧し魚達は何とか無事でした。ヤレヤレです。

お店は運よく停電を免れたので、特に何の問題も無く本日も通常通り営業しております。











イバナカラ・アドケタ (トゥッカーノ) F3
第3世代登場! 超お値打ち価格で行かせて頂きます! (雌雄判別不可の為、ペア指定不可。御了承下さい。)
尚、「俺はこのサイズでもオス・メスわかるぜぇ〜」というハイレベルなドワシクマニアの方は、
店頭でお好きな子をお選び下さい。指名された子を店員がきちんとお掬い致します。





タエニアカラ・カンディディ (マニコレ) F1
複数管理故の鰭の欠損も喧嘩相手の居ない環境に置くことで順調に再生中!






ジャパンレッド・ラミレジィ
他にも「タンジェリンレッド」「スカーレット」「ニューゴールデン」の名でも流通しているようです。





ドイツ・ラミレジィ






Ap.バエンスチ F1
旧名の『インカ』のほうがしっくり来る人も多いと思います。
尾鰭が切れちゃってますが、そのうち治るので気にしないでください。w
まだ若魚なので背鰭もこれから発達してくる予定です。このサイズから飼い込みましょう!





Ap.sp.“ブルーフェイス”
ちらほら見かける様になったと思ったら、パタッと見なくなる。 を繰り返す謎の東亜便アピスト。
一部の洋書で見られる『スティールブルー』として載っている種と同じではないかと思われます。





Ap.トリファスキアータ (マットグロッソ) F1
お値打ち良品!国内ブリードのトリファスキアータ、再入荷しました。
初めてアピストを飼う人にオススメの種です!





Ap.バルロウィ F1
メスが孵化後の稚魚を短期間口内保護することから、以前は『マウスブルーダー』の呼称でした。
他にも「ハウスウェル」「グレーサー」「ツーカラーレッドテール」などの別名でも流通してました。





クラウンテール・ベタ “メタリック” (ブルー×イエロー) ♂
華やかなハーフム−ンあたりも良いですが、たまにはこういうのも如何ですか?





クラウンテール・ベタ “タイフラッグ” (ブルー×レッド) ♂
華やかなハーフム−ンあたりも良いですが、たまにはこういうのも如何ですか?


 2013.8/28
 
この前、やたらと元気に動きまくるゾンビ達に追い掛けられる夢を見ました。
『ワールド・ウォーZ』の影響ですかね!? (ただし、劇場で直接見てきたのは『パシフィック・リム』なんですけど)











Ap.sp.“ブライトビンデン”上物 (ベネズエラ) F1
色合いが特上に比べやや及ばないものの、中々の一品だと思います。
さらに今回はお値段そのままで、メスをもう1匹おまけでお付けします。限定1セット。





Ap.メンデジィ (サンタイザベル) F1
♂1・♀2(の予定です)の3匹で1セットのお値打ちトリオ販売です。





Ap.sp.“ジュルアエメラルド” (クルゼイロ) F1
導入直後とはいえ、この輝き、そしてイエローフェイスの中にレッドスポット。marvelous!!
それと…、お気付きでしょうか? 尾鰭のフィラメントが3本あることに!!今後どうなるのかが非常に楽しみです。





Ap.sp.“ロートカイル” (サンフィリッペ) F1
以前に入荷したペアで、メスが飼い込んで行くうちにオスになってしまった事がありました。(性転換?)
なので、この一言を付け加えたいと思います。「ペア」の予定です。(気になる方は店頭で直に見て御判断ください。)





タエニアカラ・カンディディ (マニコレ) F1
相変わらずのスマートフォルム。しかし、複数管理故に鰭の欠損は免れません。御了承下さい。
ただ、心配には及ばず。喧嘩相手の居ない環境ならそのうちまた生えてくるはずですから。





ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス “ムユカ” F2
激レア・ペルヴィカクロミスの『ムユカ』の国内ブリード個体です。
指標となる尾鰭の模様が複数ある個体が出現するのはブリード個体で見られる特徴の一つらしいです。
気になる方はこの画像か店頭で直に見て御判断ください。1ペアのみ。





レンジャーインペリアルプレコ






ボルケーノ・オトシン
待っていた皆様、大変長らくお待たせしました。(自分も待ち侘びていました。)
人気の小型・珍オトシン『ボルケーノ・オトシン』が久々に見参です!





オキシロプシス・オトシン
一部の愛好家の方々から熱烈な支持を受ける『マラリア・オトシン』と同属の珍オトシンです。
マラリア・オトシンも良いですが、こちらも丈夫で飼い易い良いオトシンですよ。





コリドラス・パンダ
今回入荷分は通常よりお買い得なお値段で行かせて頂きます。数量限定。





パロットファイヤー 約15p






パロットファイヤー 約18p
う〜ん、ひょっとするとキングコング・パロットかも!??





タイガー・オスカー 約30p






ポリプテルス・デルヘジィ 約27p
今回たまたま来たこの1匹ですが、縞模様が特徴のデルヘジィにしては珍しい模様をしてます。
以前アクアライフの記事で見かけた『「サンダーデルヘジィ」の名で入荷した個体』ってのにそっくりです。


 2013.8/12
 
本日、午後1時42分、
『高知県四万十市で41.0度を観測して、国内の史上最高気温を更新した。』との一報が!
これまで[日本一暑い]を謳い文句にしていたあの町の今後が気になるところです。











アークレッドペンシル
ペンシルフィッシュ一の美種。そして、ペンシルフィッシュ一の暴れん坊。





レッドテトラ
小型魚同士の混泳で赤い魚をお探しならこちらがオススメ!





レッドファントム・ルブラ
ちょい大きめのカラシン同士の混泳で赤い魚をお探しならこちら!





アルビノ・カージナルテトラ
ノーマルのカージナルより¥お高いですが、たまには↑こういうのも良いですよね。





ホワイトフィン・ロージーテトラ






ハイフェソブリコンsp.
以前にも紹介した混じりで来た謎のカラシンです。
その後、誰の目に留まることなく立派に育って現在こんな感じになりました。





コペラ・ビルマエ
コペラ好きのあなたの為に!





スンダダニオ・アクセルロディ・ブルー
ラスボラ・アクセルロディの『ディープブルー』や『ネオンブルー』の名でも流通します。





ボララス・ブリジッタエ
最大でも約2pにしかならない超小型種。小型レイアウト水槽にピッタリです。





ハニードワーフグラミー
人気種・ゴールデンハニードワーフグラミーの原種のこの魚は、今現在はただの地味な魚です。
しかし、しっかりと飼い込んで成長させると・・・、 スゴイですよ!





ゴールドライン・ハーフビーク
サヨリ好きのあなたの為に!





ボルネオプレコ
仕入先の在庫の関係で今回は1匹しか来ませんでした。
でも、残り物には福があったのか!? いつもの水玉ではなく、変わった模様のが来ました。





ジャイアント・オトシン
今回はペルー産です。ペルー産のって他所と比べて、気持ちスレンダーな体型してますよね。





グリーン・オトシンクルス
久々に来ました!幻のグリーンオトシン!定期的な入荷はまず見込めない珍オトシンです!





ポリプテルス・エンドリケリィ 約10p






見た目はコリドラス・ベネズエラオレンジ
♂がベネオレで♀が白コリのハイブリッド・コリドラス。





コリドラス・ニューショートノーズスーパービコロール
『ビコロール』というコリドラスが[スリナム]にいて、
そのビコロールのロングノーズ・タイプの『スーパービコロール』が[仏領ギアナ]にいて、
そのスーパービコロールに似たショートノーズ・タイプの
『ショートノーズスーパービコロール』が[コロンビア]にいて、
そのショートノーズスーパービコロールの模様の異なるタイプで新たに出回るようになった
『ニューショートノーズスーパービコロール』若しくは『ショートノーズニュースーパービコロール』
と呼ばれる物が本種となります。                    これ、テストに出るので覚えとくように!w


 2013.8/7
 
追加補足





前回ご紹介した『ファロプチクス・ジャヌアリウス』についての補足情報です。


「よく分からない」と書いたら、学名の正しいスペルを教えて頂きました。
スペルが分かったので詳しく調べ直したところ、以下の結果に↓





まず、これが問題の胎生メダカ

上がオス個体、下がメス個体。






そしてこれが再調査で判明した真の『ファロプチクス・ジャヌアリウス』 Phalloptychus januarius


Phalloptychus januarius ♂



Phalloptychus januarius ♀





明らかに別の魚でした。



そしてこちらが、最初に見たときに「これの様な気がする。」と思った
『ファロケロス・カウディマクラートゥス』 Phalloceros caudimaculatus


Phalloceros caudimaculatus ♂



Phalloceros caudimaculatus ♀



これで疑念が晴れましたね。これにて一件落着v


 2013.7/31
 
お久しぶりです。またしてもインターバルを空けてしまいました。スイマセン
オススメの魚が入ったときは直ぐにでも紹介したいのですが、中々どうして。

この問題の解決策として、アルバイトを1人雇ってもらうか、
影分身の術を修得しようか、どうしようか検討中です。w

それでは今回は国内ブリードの魚を中心に御紹介!











ネオヘテランドリア・エレガンス
知ってる人は知っている、ちょっぴりマニアックな珍・胎生メダカが来ました。
よく知らない人でも名前の『ヘテランドリア』の部分にピンとくる人もいるでしょう。
飼育自体は「ヘテランドリア・フォルモサ」つまり⇒「ドワーフモスキートフィッシュ」と同様でOK!





スキフィア・ビリネアータ
真胎生メダカの中では人気があるといわれるスキフィア属ですが、
「スキフィア・ムルチプンクタータ」以外は殆んど目にする機会はありません。
そんな中で「スキフィア・ビリネアータ」がまさかの御来店! これを逃すと次回は・・・





ファロプチクス・ジャヌアリウス
取り敢えず↑この名前で来たんですが、実はよく分かりません。(※上記、8/7の追加補足記事を参照のこと)
初見では「ファロケロス・カウディマクラートゥス」かな? と思ったんですが??
ともかく、そんなに出回ってない種類の珍・胎生メダカだと思います。少数のみ





リミア・ビッタータ “アウレア”
こちらも入荷頻度の少ない原種系胎生メダカです。
しかし、入手難というだけで飼育難度は「プラティ」や「モーリー」と同じくらいです。





ギラルディヌス・メタリクス
オスの割合が多いので、♂2匹と♀1匹の組み合わせでの販売となってます。お値打ちです!





エンドラーズ・ライブベアラー “フレームテール”






クセノトカ・ヴァリアータ






Ap.sp.“チンガルノ” (マニコレ) F1
チンガルノも以前に比べめっきり見掛けなくなりました。そんな中、久しぶりの入荷です。
ブリード物ですが、そんなに数は無いので探してた方はお早めに!





Ap.sp.cf.ホイグネイ (リオ・タメ) F1
今回のタメはかなりの大物です。目測で約8pくらいあります。
同時に産まれた兄弟の中で突出してでかくなる個体がいますが、この子が正にそれですね。
勿論でかくても他の兄弟達と年齢は同じですよ。出来れば45pUP水槽をご用意ください。





Ap.トリファスキアータ (マットグロッソ) F1
この背鰭の伸び具合をご覧下さい!若魚でこの伸び具合!
それでいてお値打ちの良品です。オススメです!





Ap.カカトゥオイデス “ダブルレッド” EU
まだ3p程の若魚ですが、もう産卵&繁殖しちゃいました。稚魚も順調に成長してます。





Ap.sp.“アラグアイア” F1






Ap.ホングスロイ F1






タエニアカラ・カンディディ (マニコレ) F1
水槽の隅に産卵していた2匹を任意同行しました。v
メスの特定及び確保の難儀なこの種において、これはもう確実なペアです。


 2013.7/3
 
産まれました!おめでとうございます。










拡大画像・横から











拡大画像・真上から










散乱した状態の卵が約30個











産卵(散乱)現場・全貌











この人が産みました↓

性別・メス  年齢・?才  身長・約15p  体重・ヒミツ  性格・ちょっとイジワル











「ちょっと、あんた何? 何見てんのよ!?」











「それ以上近寄ったら只じゃ済まないよ!!」 と、言っているかどうかは扨置いて…


オス・メスの見分けがつかないブラックゴーストですが、この子はメス確定です。
ただ、水槽にはこの子しかいないので残念ながら未受精卵でしょう。
折角のメスなのでブラックゴーストの繁殖を目指している変態さん・・・元い。
ブラックゴースト・LOVEの人の元に嫁いでもらえれば、こちらとしても本望です。
w










あと、この人も産みました↓

ホワイトグローブ・シュリンプ





この種をを含めた『スラウェシ・シュリンプ』の仲間が日本に初登場したのが2008年の春先の事。






当時は着状態の悪さや高価だったこともあって、関心はあっても中々手を出しづらい状況でした。






あれから5年が経ち、流通する種類は数種の人気種のみとなってしまいましたが、






輸送環境が改善されたのか(?)状態良く入荷できるようになり、価格もだいぶ落ち着いてきました。






飼育に関しても種類によって難易度に差がありますが、こうして繁殖も可能なエビです。






水槽内で抱卵個体を見たのが何日前だったか!?
もうそろそろかと稚エビを探してみると、見える範囲内だけで10匹程確認しました。
この子達はいつも通りある程度まで成長したら販売に回したいと思います。


みなさんも是非この魅力的なエビの飼育にチャレンジしてみて下さい。


 2013.7/1
 
お知らせ






今月から豊橋アマゾンの駐車場が[店舗・裏]から[店舗入口・正面]になりました。









新・駐車場は東海道新幹線と東海道本線に並走する道路沿い側になります。


駐車スペースが旧駐車場より狭くなってしまったので、混雑時には御迷惑をお掛けするかも知れません。
一般道の通行の障害になるような路上駐車は避けるようお願いします。皆様の御理解・御協力をお願いします。