豊橋アマゾン

新着情報


トップページへ  メインページへ最新記事はこちらから)

過去記事


 2013.12/26
 
昨日はクリスマスがしれっと通り過ぎて行きました。今年も残すところあと僅かです。
なので、年末年始の営業案内をしておきます。

年内は30日まで通常営業。 31日は10:00〜19:00までの1時間の短縮営業。
年明けは1日&2日がお休みとなりまして、3日から通常営業再開となります。


そしてここで残念なお知らせが…。 今年の更新は今回でラストです。スミマセン
ここしばらくの不甲斐無い更新回数。本当に申し訳ない限りです。ホントスミマセン
入荷は色々あるのに中々ご紹介できない現状に自身もやきもきしております。カサネガサネスミマセン

追い討ちをかけるようにカメラの充電池の具合が悪くまともに撮影できないときたもんだ!
取り敢えず僅かに撮れた分と、まだ撮れてない分は画像無しですがどうぞ↓





まずは、画像有り↓


Ap.レガニ (マラジョー) WILD ♂






Ap.エリスルラ EU便のF1 ♂






Ap.バルロウィ F1 ♂






Ap.アガシジィ (ジュア) F1 ♂






Ap.バエンスチ F1 ♂ その@ (背鰭一部難有)





Ap.バエンスチ F1 ♂ そのA (背鰭一部難有)






Ap.sp.“ロートカイル” (バルセロス) WILD ♂ (特大)






Ap.sp.“ロートカイル” (サンフィリッペ) F1 ♀ (腹鰭欠損)






Ap.メガプテラ (ベネズエラ) F1 ♀






ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス “モリウエ” F1 ♀










以下、画像無し↓


Ap.エリザベサエ (トゥッカーノ) F1 ペアの予定


Ap.sp.“ジュルアエメラルド” (クルゼイロ) F1 ペア


Ap.アガシジィ “ファイヤーレッド” EU便 ペア


Ap.ボレリィ “オパール” EU便 ペア


Ap.ボレリィ “イエローフェイス” EU便 ペア


Ap.エリスルラ EU便 ペア


Ap.マクマステリィ (リオ・メタ) EU便 ペア


Ap.アタフアルパ WILD ペア


Ap.パンドゥロ WILD ペア


Ap.アルパフアヨ WILD ペア


ギラルディヌス・メタリクス 国内ブリード ペア


ディープレッドホタルテトラ


グリーンネオンテトラ


ニューレッドゴールデンネオンテトラ


インパクティス・ケリー 国内ブリード


マーブルハチェット


ドワーフペンシルフィッシュ


アベニーパファー


クーリーローチ


ボルネオプレコ


オキシロプシス・オトシン


ファロウェラ・ハニー


キングロイヤルペコルティア 国内ブリード


コリドラス・マツザカエ


ブラックドルフィンキャット


レインボー・スネークヘッド


ニューレインボー・スネークヘッド


ポリプテルス・セネガルス


ルリー・シュリンプ


ブラックアーム・ロブスター (たぶん Macrobrachium horstii)





その他諸々、一般種も勿論揃えております。
今回画像が無いものは折を見て撮っていければと思ってます。
あと、今月新たに作ったこちらもたまにチェックしてみてください。


最後になりましたが、
今年一年お店に来てくれたお客様、通販御利用者の方々、関係業者の方々、
大変御世話になりました。どうもありがとうございました。
また来年もどうぞ宜しくお願いします。まだちょっと早いですが皆様良いお年を。


                                         豊橋アマゾン 熱帯魚担当


 2013.12/1
 
さて、皆さんご無沙汰してます。
気が付けばもう12月。激動の11月は「あっ!」と言う間でした。

東北のイヌワシが初の日本一に輝き、長いシーズンの幕が閉じたと思ったら、
我が地元チームの契約更改では減俸の大嵐!

そしてこの時期恒例の人事異動(?)では、
名手・井端の退団。暴れ馬・中田のFA宣言。ガッツ・小笠原の入団。と、話題が目白押し。
これが来シーズンにどう影響するのか楽しみでもあり、聊か心配でもあります。

心配ついでに、ドアラの年俸(食パン)も減らされてないかを、心配する振りをしておきます。w











グリーン・ファロウェラ
待ちに待ったときが来ました。珍緑魚・御三家の一つ、グリーンファロウェラ様の御登場です。
はぐれメタル』なんて目じゃないくらい遭遇率の低い本種を、「私は3年待ったのだ!」ナンツッテw
因みに、飼育レベルはかなり高いのでこの手の魚の飼育経験がない方にはオススメできません。
飼いこなせる自信のある勇者、並びに飼育経験豊富な歴戦の猛者の御来店をお待ちしてます。





ボルケノー・オトシン
珍オトシンの中でも比較的丈夫で飼い易いのが本種の魅力!コケ取り能力も素晴らしい!





キングロイヤル・ペコルティア 約4p
状態良好!国内ブリードの数量限定・超特価品です!





コリドラス・“ハイブリッド・ベネオレ” (ベネオレ♂×白コリ♀)
またまたお越し頂きました。安い・丈夫・綺麗、三拍子揃った優良コリドラスです。いつも有難うございます





クリスタルレッドテトラ
レア・カラシンを僅かながら。画像ではそこそこのですが、実物を肉眼で見ると激赤です!





Ap.エリザベサエ “頬赤腹赤” (ヤワウィーラ) F1
ネグロ川の上流部、本流とウアウペス川の合流地点からやってまいりました。
ご覧の通り、オスは絵に描いたようなエリザベサエの優等生。
タダ、メスガチョットアヤシイカモ…?♂っぽいような、やっぱり♀のような…?





Ap.エリザベサエ “頬赤” (ヤワウィーラ) F1
上記の優等生とは同じ腹の兄弟です。兄弟でも個体差があり赤くなる部分は様々です。
こちらのオスは顔のラメが少ない分、頬赤がより強調されて見えます。
タダ、メスガチョットアヤシイカモ…?♂っぽいような、やっぱり♀のような…?





Ap.sp.“ロートカイル” (イサナ) F1
ワイルド個体の入荷も稀なネグロ川最上流部の支流・イサナ川のロートカイルのF1個体。
画像でもお分かりの様にオスの背鰭が一部欠けてます。あと、片側の腹鰭が若干短いです。
メスも背鰭と腹鰭に欠けがあります。ですが、繁殖にはなんら支障はないでしょう。
(そんなこんなで、取り敢えず鰭が治るまではワケあり特価でいきます。治るかどうかは分かりませんが…)





Ap.sp.“ロートカイル” (サンフィリッペ) F1
ワイルド個体の入荷も稀なネグロ川最々上流部サンフィリッペのロートカイルのF1個体。
ピンボケしてて分かりづらいですが、オスの腹鰭の片側が若干短いです。
メスの腹鰭も幼少期の怪我の後遺症か、形がちょっと良くないです。まぁ、繁殖に支障はないでしょう。
(そんなわけで、こちらも鰭が治るまではワケあり特価でいきます。治るかどうかは分かりませんが…)





Ap.ペルテンシス (ノボ・アイロン) F1
人工飼料に慣れてます。店ではフレークフードをぱくついております。





Ap.sp.“チンガルノ” (マニコレ) F1
所謂、プルクラの地域別タイプの一つとされるチンガルノです。
日を追うごとに仕上がってきております。メスも黄味を帯びてきていて直ぐにでも産卵しそうです。





Ap.sp.cf.ホイグネイ (リオ・タメ) F2
採集地等の関係上、現地採集の個体は今後輸入される可能性が限りなく低いとされる本種。
愛好家の方の御助力により第2世代の登場です。今後も是非累代繁殖を続けて頂きたいです。





ディスカス・ステンカーソリッド 約10p






プラチナ・エンゼル 約3〜4p






ホワイトグローブ・シュリンプ
店内繁殖個体です。みんな元気に手をツマツマさせています。


 2013.10/22
 
先日、『メナガガザミ』なる生き物がいるという話を小耳に挟みました。
気になって画像を検索したら…、「なんじゃこりゃ!?なんてビジュアル!ペリスコープ?」

こんな衝撃は『シュモクバエ』を知ったとき以来でした。
世界にはまだ自分が知らないだけで面白い生き物が沢山いるんですね。

因みにですが、メナガガザミを調べる過程で『メナガグソクムシ』なる生き物の存在も知ってしまいました。
こちらもまた衝撃的な容姿で、人によっては微グロな印象を受けるかもしれません。画像検索時は御注意を!












パンダシャーク・ローチ
メリハリのある白黒模様で水槽内をちょこちょこと動き回る様がとっても可愛い珍ドジョウ。
名前にシャークなんて付いてますが現在約2pで、最大でも約5p程にしかならないそうです。
(リザードフィッシュに体型的にも似た本種も、タニノボリのグループに属しますので飼育もそれらに準じます。)





ボルネオ・プレコ
『ドジョウの仲間なのにプレコと呼ばれるシリーズ』当店人気bP。
暫く入荷が無かったのですが、久々に補充できました。水玉模様に混じって縞模様の個体もいます!





コリドラス・ハブロースス
待っていた方、お待たせ致しました。久方振りのハブローススです!





ジャパンレッド・ラミレジィ
前回入荷時好評だったので再入荷しました。興奮時等ではもっと色が揚がります!





ドイツ・ラミレジィ
国内ブリードの安心優良個体!今回入荷分は数量限定の大特価セール品です!!
そこそこ数に余裕はありますが、しっかり選びたい方はお早めにどうぞ。





Ap.sp.“ブライトビンデン” (ベネズエラ) F1 ♀
残ってしまったメガプテラのメス達。大特価ですので、誰かお嫁に貰ってやってください。





ファロケロス・カウディマクラートゥス
縁あってまた来ました。前回買いそびれた方はこの機会にどうぞ。(画像は前回の使い回しです。スイマセン。)





カラープロキロダス 約10p
プレコ以外のコケ取り魚をお探しの方にオススメです。





ハートテール・パロット 約15p
頭を下にするとハート型に見えるのがその名の由来。
先天的に尾鰭が無いことから『ノーテール・パロット』とも呼ばれる。私からの補足トリビアは以上です。





ダトニオ・プラスワン 約20p
しっかりとした左右対称柄の、俗に言うパーフェクトバンドってやつです。
反対側の柄は下のエンドリの画像に写り込んでるので確認できます。↓





ポリプテルス・エンドリケリィ 約28p ♂
大型魚水槽の底物の面子が少々物足りないと感じている方に! 限定1匹のお値打ち品です。










追伸

前回ご紹介した画像の大きい画像を見たいというご意見がありましたので、拡大画像を再UP!

アジア・ブルーロブスター
オニテナガエビとも呼ばれる世界最大級のテナガエビ。
店頭で実物を見ていたお客さんがポツリと一言、「おいしそう!」って。
いやいや!「デカイ」とか「カッコイイ」なら未だしも、食う気ですか?確かに現地では食用にもなるエビですが…


 2013.10/15
 
「しかし、OBではなく現役選手が選ばれるとは、思いませなんだなぁ。」

『…予想外の事は起こるものだ。谷繁は良くやっている。』



さて、意味不明の前フリは置いといて、まさかの人事にちょっと驚いています。
まだ期待半分、戸惑い半分といった所ですが、新GMと共にチームの立て直しを宜しくです。











Ap.sp.“ジュルアエメラルド” ツインバータイプ (クルゼイロ) F1
遭遇率・数lとも言われる、ジュルアエメラルドのツインバータイプが久々に入荷しました。
まだ若いので各鰭の伸長はまだまだですが、尾鰭上下のラインはバッチリ出てます。
これから成長とともに益々「イイオトコ」になること請け合いですね。





Ap.リンケイ (サンタクルス) F1
むむむっ!? ♂はいいが♀ががちょっと怪しいかも?? (一応ペアの予定ですが、気になる方は店頭で直接ご確認ください。)





Ap.sp.cf.ホイグネイ (リオ・タメ) F1
口元がちょっと見切れちゃってますが、それでも本種の魅力は充分伝わると思います。





オランダ・ラミレジィ






プセウドクレニラブルス・ニコルシー (Pseudocrenilabrus nicholsi)
コンゴ民主共和国(旧ザイール)に生息する第3のエジプシャンマウスブルーダー。
産卵後はメスが口内で卵を守るので、オスは別水槽に移したほうが管理しやすいです。





コリドラス・パンダ
今回は国内ブリードのパンダです。 状態良好、オススメです!





コリドラス・ビリネアータス






コリドラス・スーパーシュワルツィ






グラスドルフィンキャット
中型種や大型種が多いドルフィンキャットの中でも、10pを超えない本種は知る人ぞ知る珍鯰。
おとなしいので混泳もさせやすく、慣らせば人工飼料も食べるようになります。





パロットファイヤー (キングコング?) 約20p
目が血走ってますよ、ア〇ゼルさん。 折角のキュートな笑顔が台無しです…





ブロンズ・パファー 約12p
マツコ・〇ラックス・パファー現る!? クリルやひかりキャットをガンガン食いまくってます!





アジア・ブルーロブスター (別名・オニテナガエビ)
腕を真っ直ぐ伸ばした状態で螯の先から尻尾の先まで約24p。
まだまだ大きくなります!どんどん大きく格好良く育て上げてください!