豊橋アマゾン

新着情報


トップページへ  メインページへ最新記事はこちらから)

過去記事


 2013.3/25
 
WBC日本代表は善戦及ばず準決勝で敗れてしまいました。

総括として色々と言いたい事はありますが『敗軍の将は兵を語らず』ってことで、
ここでは代表選手たちに一言「お疲れ様でした」とだけ言っておきます。
(飲み屋とか他の場所では「あーだ!こーだ!」語るかもしれませんが、そこは御愛嬌)

それと、今回のWBCの日本の準決勝対戦相手国プエルトリコについて一つ。
今まで『プエル・トリコ』だと勝手に思ってましたが、正しくは『プエルト・リコ』なんですね。
ユニホームに国名が書いてあるのを見たときに気付きました。皆さんは御存知でしたか?












スーパーノタータス・ピラニア
お客さんからのリクエストがあり仕入れた一品です。 約9㎝
『ヒュメラリス』として出回ってる種と同じ筈ですが、鰓蓋の発色が弱いのが気になります。





ベタ・アルビマルギナータ (マリナウ)






ベタ・チャンノイデス (パンパン)






Ap.ベリフェラ WB
2003年に↑この学名が決まるまでは、
『ホワイトシーム』、『セーゲルフロッセン』、『フォーストライプス』等の名称で呼ばれてました。






Ap.sp.“ロートカイル” (ウアウペス)






Ap.アガシジィ (トカンチンス) F1
近頃はアマゾン川中流域産のアガシジィが色々と来てましたが、久々に下流域産のが来ました。
ご覧の様にあまり派手なタイプではないですが、コレクションの一つとして如何ですか?




Ap.アガシジィ (マナカプル) F1 ♀
鰓蓋が健常種に比べ少し短いので、ワケあり特価です。(画像の個体1匹のみ)





Ap.レガニ (マラジョー) ♀
訳あって1匹だけメスが居ます。そんな訳でお婿さん募集中です。(画像の個体1匹のみ)





Ap.ビタエニアータ (テフェ) F1 ♀
希少なテフェ産ビタのメスですが、ちょっと鰭ボロなのでワケあり特価です。(画像の個体1匹のみ)





Ap.エリスルラ F1 ♂
発色は今一ですが一応『レッドテール&レッドスポット』です。お嫁さん募集中。(画像の個体1匹のみ)





コリドラス・デルファクス






コリドラス・アガシジィ
として来ましたが、ブラックトップがない事以外は↓下記のアムビアクスにそっくり!





コリドラス・アムビアクス
として来ましたが、ブラックトップがある事以外は↑上記のアガシジィにそっくり!


 2013.3/13
 
WBC日本代表が無事に決勝ラウンド進出を決めました。

対戦国との相性とかが上手く噛み合った感じで第2ラウンド・1位通過を決めましたが、
どのチームも実力伯仲でどこが勝ち上がってもおかしくないくらいの激戦区でした。

その中でも 日本 対 台湾 の一戦は凄まじかった。

お互い死力を尽くして戦い、迎えた9回表2アウト1塁、絶体絶命の場面で打席には井端。
その井端への初球に1塁走者・鳥谷が際どいタイミングながら2盗に成功。

『好調の井端が打席に立ち、得点圏に走者が居る』
この状況を作り出した時点で日本の勝ちが見えました。
しかし、好敵手・台湾相手に紙一重の勝利だったことは言うまでもないでしょう。

ここまで来たらあと2勝して、是非ともWBC3連覇を果たしてもらいたいものです。
期待と不安が入り混じる決勝ラウンドは、日本時間3月18日10:00から!!
(んっ!? 10時からって、思いっきり仕事をしてる時間帯ではないか!TV中継が見れない・・・。 仕事休むか!??)











ブラック・タライロン
オリノコ川より、黒き暴君降臨! この厳つさと格好良さは男の子には堪りません! 約23㎝





見た目はコリドラス・ベネズエラオレンジ
ベネオレの鮮やかな色彩と白コリの丈夫さを併せ持つハイブリッド・コリドラスです。
御好評に付き大量再入荷。引き続き超お値打ち価格となっております。





Ap.カカトゥオイデス “レッドスポットテール・タイプ” (リオ・イタヤ) F1
同じ親から産まれた兄弟達の中でもトップクラスの仕上がり具合です。
しかし、これでもまだ発展途中。 (♂1・♀2のトリオ販売です)





Ap.カカトゥオイデス “ユニコーン・タイプ” (リオ・イタヤ) F1
便宜上、一角獣などと嘯いてみても詰まる所背鰭の一部が欠損してるだけですから、
お値段もそれなりになっております。 (♂1・♀2のトリオ販売です)





Ap.アタフアルパ (Ap.sp.“サンセット”)
インカ帝国最後の皇帝の名を持つペルー産のアピスト。
別名である『サンセット(夕焼け)』が示すように雄の身体には黄や橙の色が現れます。





Ap.sp.“ブライトビンデン” (ベネズエラ) F1
お待たせしました。アピストグラマ・メガプテラ、3ペア確保しました。





Ap.sp.cf.ホイグネイ (リオ・タメ) F1






Ap.ペルテンシス (ノボ・アイロン) F1
顎下真っ黄き。





Ap.sp.“ウィルヘルミィ” (リオ・アバカキシス) F1
こんな威嚇顔して粋がってますが、左体側に若干のキズがあります。
そのキズも回復傾向にあるようですし、現状特に状態が悪い訳でもありません。
「完品じゃなきゃイヤ」という方は治るまでお待ちください。(その前に売れてしまうかもしれませんが…!?)





Ap.メンデジー (サンガブリエル)
「以前、買ったペアのオスが逝ってしまった。」との事でしたのでオスだけ入れました。
そしたらかなり良い個体が来たので、引き渡しの前に1枚撮らせてもらいました。





タエニアカラ・カンディディ (マニコレ) F1
超珍産地のカンディディが来ました!この産地が如何に珍しいか分かるあなたは中々の〇〇〇です。
雌雄判別困難の為、単品売り特価で行きたいと思います。





ブルー・エンゼル






ディスカス・ブルーダイヤモンドだと思います






ディスカス・レッドメロンだと思います






ディスカス・レッドメロンだと思います
口先が『うにゅ』ってなってます。なので「口元難有り『うにゅ』っと価格」になってます。


 2013.3/5
 
WBC日本代表は危なっかしくも2連勝して第2ラウンド進出に有利になりました。
初戦の8回表、4番糸井の犠打を最大限に活かした井端の同点適時打には痺れましたね。
なんやかんや言われた今回の代表チームですが、やはり出るからには勝って欲しいですから。











ブラックピラニア (アルト・ナナイ) 約6㎝
ブラピ様、ご来店。 美味しそうにアカヒレをお召し上がりになっておられます。





ペーシュ・カショーロ 約7㎝






タイガー・オスカー 約26㎝
顎下真っ赤か。(オンマウスで全身画像)





レッドヘッド・アルタムエンゼル (サンガブリエル)
もう来ないと思ってましたが、また来ちゃいました。
そんじょそこらのエンゼルでは満足出来ない方専用の激珍エンゼルです。





ディスカス・ワイルドロイヤルブルークロスF1(♂)×ビンテージロートターキス(♀)
御好評に付き追加致しました。





ゼブラ・キャット 約7㎝                                       ニヤリ
今はまだ、ただの猫ですが、立派な縞馬になれるように育て上げてください。





クラウン・ローチ 約15㎝






シルバー・アロワナ 約23㎝






シルバー・アロワナ 約45㎝
小型魚メインの当店には珍しいビッグフィッシュが来ました。
搬入時に口先をぶつけてしまったみたいで、髭が傷ついてしまいました。ちょっと心配です…。





南米ドラゴンフィッシュ 約15㎝
こんな厳つい顔しといて、小魚との混泳が出来ちゃうなんて!ギャップが激しすぎる!
キモカワ魚・ランキング、上位ランカーです。(オンマウスで全身画像)


 2013.2/26
 
プレコ各種、入っております。
選り取り見取り、お好きなのをどうぞ。






ネグロ・オレンジニュータイガープレコ
水槽内で状態が落ち着けば、もっとオレンジみが出ますよ。





ファンシースポットペコルティア






ブロードバンドタイガープレコ






エンペラーペコルティア






マスタードファントムペコルティア
別名『ギャラクシーペコルティア』とも呼ばれます。





アレンカー・マダラタイガープレコ






インペリアルゼブラプレコ
Lサイズ⇒ラスト1匹 (画像個体↑)  Mサイズ⇒あと3匹います。





ボルネオ・プレコ
「ワシの何処がプレコに見えるゆ~んじゃ!」
「どう見たってドジョウの仲間にしか見えんじゃろが!!」 プレコに間違えられて、お怒りのようです(汗)


 2013.2/20
 
「ちょっと見て欲しい魚がいる。」 

という依頼を受けて、去年の12月に近所の竹島水族館に行ってきました。





竹島水族館名物『う壷(鱓)水槽』











依頼を済ませたあと、残った時間で少し館内を見学させてもらいました。
(依頼内容については一般受けしないマニアックな事なのでここでは割愛させて頂きます。)





館内を見学していて少々気になる展示物がありました。


それは、生き物に直接触ることが出来る所謂『タッチングプール』というやつです。





その中の触れる生体の面子が一癖も二癖もあるヤツばかり。 コチラ↓










イガグリガニ


ごいトゲトゲのカニ! 触ると痛そう・・・。










ナヌカザメ


サメって!!? 勿論人に危害を加えない類のサメなんでしょうが・・・、本当に大丈夫?










ビラ星人


まさかセブンに倒されたはずのあいつが、よもやこんな所で生きていたなんて!










タカアシガニ


言わずと知れた世界最大のカニ。キングオブ甲殻類です。
(挟まれると指を潰されるくらいの力があるそうなので、螯はテープでグルグル巻きにしてあります。)





あとオオグソクムシという、ダンゴムシに似た深海生物もいましたが、ビジュアルが良くないのでここでは省略。















折角なので、触ってみましたv






思ってた通り、痛い! 刺さりはしないけど、痛い!!






全然おとなしい。 サメ肌初体験。






捕獲! ウルトラ警備隊に通報しなくてはw






自分で持つと写真が撮れないので、代わりにチビッ子に持ってもらった。
子供の力では持ち上がらないくらい重いようだ。(スタッフ指導の下、安全面を配慮して撮影しました)


この時は時間切れで全部見て回れませんでしたので、また今度行く機会があればゆっくりじっくり見てきたいと思います。


 2013.2/13
 
IOCにはがっかりだ!

計画的なものではなく「偶発的な行動だった」と言えば五輪で政治的宣伝活動をしても、
ちょっとペナルティを受けるだけでほぼ御咎め無しなんて!  ドウカシテルゼ!!

レスリングが2020年夏季五輪実施競技の除外候補になったってのも意味が分かりません。
素人目に見てもレスリングより競技人口が少ない競技は他にあると思いますが???why?











Ap.sp.“ブライトビンデン”特上 (ベネズエラ) F1
特上の一品を御用意致しました。是非、御賞味ください。顎下の赤斑、背鰭の伸び具合、申し分ない逸品です。





Ap.アガシジィ (ジュア) F1
背鰭の一部に若干の欠けがありますが、それ以外は特に問題ありません。産卵経験あり。





Ap.sp.“?????” F1






グリーンドワーフシクリッド (Biotoecus opercularis)
孤高のドワーフシクリッド、『ビオトエクス・オペルクラリス』見参!
水槽内で本種が見せる透き通るような繊細な輝きを堪能してください。





ハイフェソブリコンsp.
混じりで来た正体不明の(珍?)カラシン。 1匹のみ





ジャイアントオトシン (パンタナル)






コリドラス・カウディマクラートゥス
業界随一のコロコロ系コリドラス。この何とも言えない可愛さに魅せられちゃってください。





コリドラス・メリニ






ゼブラ・アーチャーフィッシュ
生涯淡水で飼育可能なミャンマー産のテッポウウオ。別名『ゴールデン・アーチャーフィッシュ』
飼育に関しては弱アルカリの水質で管理したほうが調子が良いらしいです。


 2013.2/6
 
最近、バイク王のラジオCMに赤色が大好きな『あの人』が出演してるようです。
買取査定に来たスタッフに「君の実力を見せてもらおう。」みたいなことを言ってましたw











ダイヤモンドイエローピラニア
たぶん今回のも Serrasalmus maculatus でしょう。約10㎝





スポッテッド・メチニス
メチニスは尻鰭の形状で雌雄を見分けれるそうです。左がオスで右がメスってことですね。
つまり、今回来たこの2匹で丁度ペアが組めるという訳です。2匹まとめての注文待ってますw





レッドフック・メチニス
本当は「ミレウス」なのにずっと「メチニス」と呼ばれてきました。
近年漸く「ミレウス」が浸透してきて『レッドフック・ミレウス』で名前が通るようになってきました。
そんな矢先、今度は「ミレウス属」から「ミロプルス属」への異動になってしまいました。
これからは『レッドフック・ミロプルス』と呼んでください。(画像の2匹のみ。たぶん左がオスで右がメス)





ホワイトフィン・ロージーテトラ
水草レイアウト水槽や小型魚等の混泳水槽用にどうぞ。





ドワーフ・ペンシルフィッシュ
「マジナータス」として来ましたが、良く似たのが同名で来るので本物かどうかは分かりません。
でも、そういう近似種を見極めてコレクションするのも面白いですよ!





ヘミグラムス・ベロッティに似ている
所謂、赤目金線系のテトラです。1匹のみ。
因みに、月刊アクアライフ2011・2月号・P114に載っている「レッドポイントテールテトラ」の
「レッドポイントがはっきり現れないタイプ」として紹介されてるテトラにも似ている気がします。






トランスルーセント・グラスキャット
暫く切らしてましたが、スケスケホネナマズ補充完了であります。





コリドラス・パンダ
大量入荷に付き、数量限定特価です!





コリドラス “フィラメント・シュワルツィ”とでも言っておきましょうか
以前チラッと紹介しましたが、今回満を持して再登場!
「ただのスーパーシュワルツィには興味ありません!」という方の為のコリドラス。





ロリカリイクティス sp.“パンタナル” (Loricariichthys platymetopon?.)
一般的には『スプーンヘッド・ロリカリア』等の名前で流通する珍ロリカリア。
多少擦れ傷が見られますが、これくらいならそのうち治るでしょう。





ブルーフィン・パナクエ
「このプレコが来たら欲しいんだけど。」という相談を受けまして、今回2匹仕入れました。
そして2匹ともお買い上げ頂きました。毎度ありがとうございます。





マーブルセルフィン・プレコ 約28㎝
でかい!だけじゃない!! 意外と柄が整ってて綺麗です!(まぁ、これは主観にもよりますけど…)
大型水槽のコケ取りそうじ屋さんとしてどうぞ。





ブロンズ・パファー
別名「ゴールデン・パファー」とも呼ばれる淡水フグ。今回のは稀に見る大物です。約10㎝





Ap.カカトゥオイデス (リオ・イタヤ) F1
まだ若い個体なので、これからどう仕上がってくるのか楽しみです。





Ap.ペルテンシス (ノボ・アイロン) F1
ペルテンシスの魅力が分かってるそこのあなたっ! お値打ち品入荷してますよ!!





Ap.ギビケプス
中々良い面構えのギビです。若干顔が黄色っぽいような!?イエローフェイス・タイプ!??





ディスカス・ワイルドロイヤルブルークロスF1(♂)×ビンテージロートターキス(♀)
スイマセンディスカスハワカリマセン。(この画像か店頭で直に見て御判断ください)


 2013.2/1
 
御懐妊、御目出度う御座います。





個人的に繁殖狙いで管理している『Procambarus llamassi』こと「ラマシー・クレイフィッシュ」。
導入直後から早々に繁殖行動はしてたので、意外とすんなり行くかもなんて思ってましたが、
それから約2ヶ月は何の変化も無し。やはり簡単には行かないかと思いかけてた頃・・・、










ついに、





待ち望んでいた光景が!








卵産んでるー!!









こういうのは飼育者としても嬉しいですが、





パートナーのオスもかなり嬉しそうです。










これ↓この通り。


『バンザ~イ』

このはしゃぎ様w  全身で喜びを表現しておりますw










その後の経過。


産卵、翌日↓













産卵、16日目↓












産卵、20日目↓












産卵、27日目↓



あれ? 数が減ってる!??





もしや・・・!?












いたーーー!! 3~4㎜くらいの子供発見!!










水槽内を浚って何匹いるのか確認してみると↓







全部で23匹。

思ってたより少ないけど、初産だしこんなもんなのかな!?









横から画像↓










上から画像↓





この子達が成長して、いい感じの大きさに育ったら販売に廻そうと思ってます。(一体何ヶ月かかるやら?)


 2013.1/29
 
衛星放送のとある釣り番組で、ネグロ川で釣りをする放送回があるのを知ってたんですが、
我が家では衛星放送を見られないので、本当は見たいけど見るのを諦めてました。

放送後日、何人かのお客さんは「見た!」と言ってました。凄かったらしいです。う~っ、見たかった!!











Ap.sp.“ブライトビンデン” (ベネズエラ) F1
年末紹介した軍団の中から7ペア確保しました。(内3ペアは既に売約済みです。)
まだ成長過程につき背鰭の伸び具合には差があります。(良個体から順に買い手が付くと思われます。)
「自分で見て選びたい!」という方はご来店して頂いて直接好みの子を選んでください。
因みに、長らく未記載種扱いだった本種ですが、近年晴れて「Ap.megartera」(メガプテラ)という学名が付いたようです。




Ap.sp.cf.ホイグネイ (リオ・タメ) F1
この魚は採集地等の関係上、「Ap.ロシタエ」と同じ道を辿りそうな気がします。(何となくですが…。)
つまり現地採集の個体は今後輸入される可能性が限りなく低いのではないかという事です。
本種をこれから飼おうと思ってる方や既に飼ってる方には是非累代繁殖を続けて欲しい魚です。





Ap.sp.“ジュルアエメラルド” (クルゼイロ) F1
前回入荷分のツインバー・タイプが無事に売れましたので、再入荷しときました。
ツインバーではないですがお値打ち品なので、購入を考えてる方は是非ご検討ください。





Ap.メンデジー (サンガブリエル)
ネグロ川の上流域産のメンデジー。若い個体ですが良い感じです。成長が楽しみです。





Ap.パウキスクアミス (サンガブリエル)
ネグロ川の上流域産のパウキスクアミス。入荷直後の状態にも係わらずこの色具合!





Ap.アガシジィ (ジュア)
サンタレン近郊からやって来たアガシジィ。繁殖経験ありの即戦力ペアです。
メスの背鰭に若干の欠けがありますが、飼育・繁殖ともに全く問題はありません。





Ap.パンドゥロ
これからの将来が楽しみな若者です。大事に育てて一流のパンドゥロに仕上げてください。





クリスタルレッドテトラ
安いテトラではありませんが、いつでも居る魚ではないので居るうちにどうぞ。





アロワナテトラ (カレイロ)
先月入荷したシャクレテトラ。あと3匹います。カッコイイですよ!





オレンジグリッター・ダニオ
この魚の日本初登場時、水槽内で泳ぐ本種を初めて見たときの衝撃は今も覚えてます。
今ではブリード個体が安定的に安く流通するようになりましたが、
本種の魅力は決して値下がりしてません。綺麗で丈夫な魚です。オススメ!





ミクロラスボラ・ブルーネオン
見た目は「グリーン」なのに、何故名前に「ブルー」と付くのか?
その答えは自宅水槽導入後に本種を観察してれば自ずと分かりますよ!





ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス “ムユカ” F2
激レア・ペルヴィカクロミスの『ムユカ』の国内ブリード個体です。
指標となる尾鰭の模様が複数ある個体が出現するのはブリード個体で見られる特徴の一つらしいです。
気になる方はこの画像か店頭で直に見て御判断ください。3ペア入荷。





ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス “ナイジェリア・レッド” F1
珍・ペルヴィカクロミスの『ナイジェリア・レッド』の国内ブリード個体です。
気になる方はこの画像か店頭で直に見て御判断ください。2ペア入荷。





ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス “モリウエ” F1
珍・ペルヴィカクロミスの『モリウエ』の国内ブリード個体です。
気になる方はこの画像か店頭で直に見て御判断ください。2ペア入荷。


 2013.1/20
 
最近よく見るテレビ番組で、マツコと有吉が議論するトーク番組があるんですが、
その番組内の『新・3大〇〇調査会』というコーナーで、ふしぎなボール使う投手として
地元チームの岩田慎司投手の無回転フォークが取り上げられてました。

ファンなら皆知ってる(であろう)岩田投手のフォークボールですが、
サンドラ等ではなく全国放送の番組で見ると何か感慨深いものがありますね。

プロ初先発で初勝利を挙げて以降は中々結果が出せずに苦しんだ時期もありましたが、
今シーズンは必殺フォークを駆使して勝ち星を積み重ねてチームの勝利に貢献してください。











インペリアルゼブラプレコ (M) F1
前回入荷時好評頂いたお値打ち皇帝縞馬吸盤鯰、5匹再入荷しました。(早速1匹売れたので残り4匹)





レンジャーインペリアルプレコ
入荷するのは毎回2㎝程のベビーサイズのみ。成長すると20㎝位になるそうですが果たして!?





バンブルビー・オトシン
全長1㎝足らずの極小珍オトシン。





コリドラス・アークアタス
アークは水槽で横から見るだけでなく、プラ池などで飼って上から観賞するのも乙で良いですよ。





見た目はコリドラス・ベネズエラオレンジ
♂がベネオレで♀が白コリの「なんちゃってベネズエラオレンジ」 (う~ん、ちょっと語弊があるかな!?)
ベネオレの鮮やかな色彩と白コリの丈夫さを併せ持つハイブリッド・コリドラスです。
大量入荷に付き、超お値打ち価格となっております。





コリドラス・クルジエンシス
「このコリドラスが欲しいんだけど入らない?」というご要望があったので入れました。
熱帯魚の輸出が殆んど無い国、ボリビア産の珍コリドラス。入荷分全部売約済みです。





アシペンサー・ロリカリア (Hemiodontichthys acipenserinus)
「アシペンサー」という名前や学名の「acipenser」とはチョウザメの意。・・・似てますかね??





ブラックゴースト
ブリード個体が安定して流通する唯一のナイフフィッシュ。
安い・きもい・面白い、の3拍子揃ってます。





グラスナイフフィッシュ
小型魚との混泳も可能な変顔ナイフフィッシュ。真正面顔は必見です!
因みに、緑の要素がどこにあるのか分かりませんが『グリーンナイフフィッシュ』の別名もあります。





ブラウンゴースト
同種間での混泳は注意が要りますが、他魚との混泳は組み合わせ次第で意外と行けます。
しかし、この手の変な魚が「好きだ!」なんて言う人は中々の変わり者ですよ。(はい、自分の事ですv





アジア・ロックシュリンプ
一列横隊で流れてくるエサを待ち構えています。水槽のマスコット兼お掃除屋さんとしてどうぞ。





ホワイトグローブ・シュリンプ
親子揃ってのツーショット。小さくてもちゃんと白手袋してます。






イバナカラ・アドケタ ♀ (♂は前回の記事を参照)
その瞬間ごとに体色や模様を変えることでも知られるアドケタのメスのメラニンパターンが出てる状態を捕らえた一枚↑

EU便等で来るアドケタは幾つ世代を重ねたF〇個体だか知る術はありませんが、大体ペアで〇万円以上はします。
その点、店頭在庫分は何世代目か明確で、しかも国内ブリード個体故のお値打ち価格となっております。
一度飼ってみたいと思っていた方は是非この機会を好機と捉え飼育を検討してみては如何でしょうか?

以上、広告の謳い文句風アドケタ用販売戦略コメントでしたw でもお値打ち価格なのは本当ですよ!!


 2013.1/7
 
年明けにヤフーのトップページにあったおみくじを引いたら『らっ凶』でした。らっきょうって!、ダジャレ!?)
何かだかよく分かりませんが、今年はなるべくから一定の距離を置いて過ごそうと思いますw











イバナカラ・アドケタ (トゥッカーノ) F2
年末紹介したアドケタ軍団の中から取り敢えず3ペア確保しました。
不安要素だったメスは、メスのメラニンパターンが出てるのを抜いたのでたぶん大丈夫でしょう。





Ap.ディプロタエニア (バルセロス) F1
アピスト好きが色々飼育経験を積んだ後、最後に辿り着くマニア垂涎の一種!(と、勝手に思ってますw
アピストに興味が無い方やアピスト飼育初心者の方々には1㎜も心が動かないかも知れません。
でも、それで良いんです。この魚は、この魚の魅力に心ときめく人達のために在るのです。ナンテナ





Ap.sp.“ジュルアエメラルド” (クルゼイロ) F1
流通量の少ないジュルアエメラルドのツインバー・タイプ、ついに降臨! 極上です!!
ただでさえ流通量の少ないジュルエメのさらにツインバーだなんて、さぞ¥お高いかと思いきや、
国内繁殖物故のお値打ち価格となっています。この機会に是非自宅水槽への導入を検討してみてください。





Ap.ナイスニィ EU便
まだ小さいので発色や鰭の形状等が物足らないですが、その分これからに期待したい所です。
因みに種小名の「nijsseni」をラテン語読みすると『ニジェッセニィ』と読みます。図鑑などではこちらの名前で載ってる場合があります。





Ap.シュテッキィ
熱帯魚の輸出が殆んど無い国、ボリビアから来てくれた珍アピスト再入荷!
ボリビア原産の魚達は次の輸入の機会がいつになるのか全く読めないので、
「飼ってみたい!」と思ったあなたは在庫があるうちに手に入れちゃってください。
因みに種小名の「staecki」をラテン語読みすると『スタエキィ』と読みます。図鑑などではこちらの名前で載ってる場合があります。





Ap.ビタエニアータ (テフェ) F1
アピストの業界(?)では名の知れたブランド(産地)でもあるテフェ産のビタエニアータのF1です。





Ap.sp.“ウィルヘルミィ” (リオ・アバカキシス)
繁殖経験ありのアダルトサイズのペア。ワイルド物でここまで大きいのが来るのは珍しい!?





ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス “ムユカ” F2
激レア・ペルヴィカクロミスの『ムユカ』の国内ブリード個体です。
指標となる尾鰭の模様が複数ある個体が出現するのはブリード個体で見られる特徴の一つらしいです。
気になる方はこの画像か店頭で直に見て御判断ください。








ディスカス・ヘッケル “ネグロ”
毎度毎度すみませんがディスカスに関してはこの画像か店頭で直に見て御判断ください。5匹のみ






ブルー・エンゼル
4匹いるうちの下画像の2匹が上画像の2匹を威嚇してます。ペアになりそうな雰囲気です。





ペルー・スカラレエンゼル
この手の原種エンゼルはどれも不定期入荷なので、機会を逃さずゲットしてください。5匹のみ





ペルー・スカラレエンゼル(?)
上記のペルースカラレと一緒に来たエンゼルです。どう見ても違うと思うんですけど!!? 2匹います…





レッドヘッド・アルタムエンゼル (サンガブリエル)
トリートメント用のネグロ水槽(仮)での撮影のせいでレッドヘッド具合が分かりにくいですが、
よ~く見ると頭部付近にレッドスポットが鏤められてるのが確認できます。
それと、名前には『アルタム』と付いてますが、ご覧の通り『アルタム』ではなく『スカラレ』ですね。


 2013.1/3

~謹賀新年~

明けましておめでとうございます。
今年も当店を宜しくお願い致します。

豊橋アマゾンは本日より通常営業再開しました。

営業時間 10:00~20:00  毎週木曜定休日(祝日は営業)
(本日は木曜日ですが特別営業日で10:00~20:00の通常と同じ営業時間で営業してます)



先月発売した新刊の御紹介。



SHRIMP CLUB2 ~シュリンプクラブ2~


エビの飼育には他の観賞魚とは異なるコツやポイントがあります。
本書では、エビの飼育が上達するための情報を集めて紹介しています。


・シュリンプ水槽ギャラリー
・シュリンプファンの飼育風景拝見
・最新シュリンプギャラリー
・シュリンプ基礎知識 遺伝について
・“デカビー”ブリーダー訪問
・ブラックシャドー“モスラ”作出の極意に迫る
・エビのイベントに行ってみたぞ〜!
・ピントシュリンプ その出生について
・ブラックシャドー発祥の地 台湾のブリード事情
・奇跡のエビ漫画! レッドビーだよ! さだはるくん
・デジタル一眼レフカメラでビーシュリンプを撮ろう!
・底面式フィルターとソイルでエビ簡単飼育!


など盛り沢山の内容です。


当店でもレッドビーシュリンプを含め淡水エビをいくつか揃えております。(参考画像↑)