なぜ?飼育水に塩を使うのか

何故?塩又はピート水を飼育水に混ぜるのか?

卵生メダカも他の熱帯魚と同じ病気にかかります。卵生メダカで特にかかりやすい病気と言えば、小型水槽で濾過器無しで飼育することが多いので、ベルベット病(コショウ病)にかかりやすく、この病気は飼育水を清潔に保つことで抑えられ、換水頻度を上げるか、塩で殺菌することで予防になります。
卵生メダカは身体が小さく体力もあまりないので、病気になったからといって、薬を使っても身体が小さい分薬品に過敏になり、余りお薦めできません。そこで塩を使うことにより雑菌、細菌から卵生メダカを守ります。その時の塩分濃度ですが、飼育水の0.1%〜0.2%の濃度にしてください。普段塩分濃度を0.5〜1%にしていると、病気になったとき治療はそれ以上の塩分濃度にしないと治りませんが、いくら卵生メダカが塩分に抵抗のある魚でも、病気にかかって体力の消耗しているときに、飼育水の塩分を濃度にしたら、大事な愛魚にとどめを刺すことにもなりかねませんので、飼育水に対し病気予防に0,1%の塩、病気治療に0,5%の塩を目安にするといい結果が得られると思います。
食塩は駄目です。粗塩か、ディスカス&グッピー用ソルト、マリンソルト等)、ピート水ブラックウオーターは殺菌作用があります。
ピート水はAが好む飼育水で、ピートに含まれる腐植酸は、PH&硬度を下げ殺菌作用も有ります。
塩はPHを上昇させ、ピート水はPHを下降させる働きがあり、N等は中性から弱アルカリ性の飼育水を好むので塩で殺菌を、弱酸性を好むAは、自然化でも枯れ葉等がたまった場所に生息している種が多くAの好む水質に近づけます。旧Cyuは、水道水のPHが高い地域の方はピート水を、PHの低い地域の方は塩を使う等、使い分けるのも良いかもしれません。
Aに塩で病気予防していけないことは有りませんし、Nにピート水を使ってはいけないということもないです。あくまで目安として、飼育水のPHを書きました。
豊橋アマゾンさんでの購入魚なら国内自家ブリードなので日本の水に慣れており、どの種も中性をめどに飼育しても良いと思います(一部の難易種をのぞきます)。
いくら塩で病気予防していても、水換えを怠ってはいけません。飼育水の水量が少ない分水の悪化も早いことを忘れないでください。


PHも大事だがアンモニア、亜硝酸が最大の敵

アンモニア、亜硝酸濃度が高くなると、当然濃度に比例して、病気にかかりやすくなります。
上の画像の様に状態の良い水草水槽では、底床がソイルでPHが弱酸性でもNや旧Cyuを飼育出来きます。私の知っているショップでは、中性から弱アルカリ性の環境が適していると言われているグッピーと、弱酸性環境が適していると言われているAが同じ水槽で共に繁殖ししています。初級種、中級種と言われている種類ならば、PHが中性前後なら、一番気を付けなければいけないのが、アンモニア、亜硝酸だと思います。上の画像の環境はアンモニア、亜硝酸は検出されていません。
狭い濾過のないプラケース、小型水槽でも飼育可能ですが、餌を食べきる量だけ与え(食べ残しはアンモニアの原因になります、もちろん糞もアンモニアの原因になりますが、水の汚れを最小限にします)水換えは1週間に1回と言わず、1週間に2回の頻度で、その1で述べたバクテリア水ベースの飼育水使用でも、こつさえ掴めば十分繁殖も可能です。

●次へ●

●卵生メダカ育成術TOP●